恋愛

婚活の始め方はこうする!最初が肝心の婚活は計画をしっかりと

婚活はどうやって始めればいいの?

婚活という言葉を知っていますか?一応知ってはいるけれど、具体的にどういう活動かは知らないという人が結構多く見られます。

そんな人のために、ここでは婚活を始めるにあたって押さえておくべきポイントをご紹介しています。これから相手探しを始める人は、チェックしておきましょう。

まずは婚活のことを知ろう

まず婚活の概要を簡単に解説するので、チェックしてみましょう。どんな種類があるのか、期間はどれくらいか、予算は多く必要かなど、始める前に確認しておくことで、実際の婚活中に戸惑うことはありません。

就職活動と重ねて考える人も多くいますが、それほど構える必要がないので、気楽にチェックしてください。

婚活方法の種類

結婚相談所、お見合いパーティー、婚活サイトやアプリ、街コン、趣味のサークル、知り合いの紹介が、現在の代表的な婚活方法です。

どの方法も、様々な年齢、希望条件ごとに多くのコースが用意されているので、これまでより効率的に理想の相手を探すことができるシステムになっています。

どの方法が自分に合っているのか分からないという場合は、一通りの方法を体験してみると良いでしょう。

婚活にかかる期間

婚活を始めて3日で相手が見つかる場合もあるし、3年かかってもゴールインできない人もいます。婚活期間については特に決まりがなく、運や縁によるところも大きいといえるでしょう。

どのポイントで妥協するかというラインを決めておくのも、早く相手を決める上での大事な要素です。短期間で充実した婚活をして、すばやく相手を見つけられるのが理想といえるでしょう。

これまで異性からアプローチされるのを待っていたという人は、自分から積極的に相手を探すことになるので、効率が良くなることは間違いありません。

婚活にかかる予算

平均的な婚活予算は、1月2~3万円とされています。半分は、美容院、メイク、洋服などの自分磨き代で、残りはパーティー参加代、月会費、システム利用料などであることが多くなります。

しかし、最近は婚活費用をかなり抑えて活動することが可能で、男女とも無料で相手探しができる機会も増えています。かけられる予算が少ないからといって、婚活をあきらめることはありません。

また、多額の予算をかけたからといって必ず良い相手が見つかるわけでもないので、まず自分に適した方法を見つけることが先決です。

それぞれの婚活についての費用は、後で解説しているのでチェックしてみてください。

婚活が成功しやすい年齢

ほとんどの人が結婚を意識しだすアラサーの年齢が、相手探しのしやすい年代です。特に女性は出産年齢があるため、できるだけ早く結婚したい人がほとんどでしょう。

また、男性も子供が欲しいと考える人は、できるだけ若い女性を希望するので、双方の希望が合致します。

子育ては少なくとも20年はかかるため、経済的なことを考慮すると男性もできるだけ若い方が理想と考える女性が多く見られます。

しかし、最近は婚活最盛期の20~30代以外の婚活も盛んで、結婚への意欲があるなら60代以降でもゴールインする人が少なくありません。配偶者が亡くなり、第二の人生を再婚でスタートさせる人も増えています。

婚活へのやる気

婚活で一番大切なことはやる気です。どんなに周囲にやる気があっても、当の本人に結婚への意思がないのであれば、婚活を始めることはできません。

最近は親のための説明会を催す結婚相談所なども見られますが、本人へのやる気を促す内容となっています。

「40代の息子が全く結婚する様子がないがどうしたらいいか。」という悩みを抱えた親が増えていますが、無理やりお見合い相手を押し付けるより、本人に結婚も悪くないと感じてもらうほうが、効果的なこともあります。

婚活を始める前に、まず自分自身で婚活をする意思があるかについて確認することが大切です。

婚活の失敗

婚活を始めたからといって、必ず理想の相手が見つかるわけではありません。場合によっては高い費用を払ったのに、全くお見合いをすることができなかったという人も見られます。

婚活を始める前の準備や下調べが大切なポイントで、自分に不向きな方法を選んでしまうと、失敗に終わることもあります。

しかし、失敗したと感じても、方法を変えて新しく始めやすいのも婚活の良いところです。落ち込みすぎて、仕事に影響することもないでしょう。

婚活のキャンセル

婚活は普通の恋人関係と違って、いつでもキャンセルすることが可能です。ほとんどは婚活というシステムを利用して異性と付き合うため、大きなトラブルへと発展することはありません。

正式交際しても、ミスマッチが分かったなら断わりやすいため、自分が満足する相手とだけ付き合いを継続することができます。

ちょっと堅苦しいところもあると感じる婚活ですが、全体で見ると効率よく安全に理想の相手を見つけ出せる便利なシステムであることが分かります。

婚活開始から結婚までの流れとは?

婚活を始めてからゴールインするまでの過程についてご紹介します。各ポイントできっちりした区分けがあるわけではありませんが、大体の流れを掴んでおくと途中で迷うことがありません。

特に、デートと正式交際開始のあたりは二人の気持ちの変化が大きく関係してくるので、柔軟な対応をすることが成功の鍵です。

出会い

まず相手と出会うことが必要ですが、最近はサイトやアプリを利用すると簡単に多くの人と出会うことができます。仕事で忙しい社会人も、スマホで休み時間に異性を見つけることができます。

他にもコンパや結婚相談所、友人の紹介などで、まず候補となる相手を見つけましょう。出会いのポイントとなるのは、本人のやる気です。

どの方法でも、絶対に相手を見つけるという強い意志があれば、良い相手が必ず見つかるでしょう。

デート

出会いから、メールやLINE、電話などをして、お互いがデートしてみたいと感じるようになったら婚活としてのデートをしてみましょう。

誘うのは男性から出なくてもよく、女性から積極的にアプローチしてみるのもおすすめです。

このデートは、就職活動でいうなら面接となるので、デート=交際開始とはなりません。数回のデートの間に相手と自分の相性を見て、本格的に付き合うかを決めましょう。

正式交際開始

何回かデートを重ねて、結婚に向けて付き合いたいと感じたら、正式に交際を申し込みます。この申し込みを相手が受け入れてくれたなら、遠くにゴールインが見えてきます。

この申し込みは結婚を前提としたものなので、これまでの気軽な恋人の付き合いとは違うということを確認しましょう。

実際に深く付き合ってみないと、相手のことが分からないことがほとんどでしょう。結婚生活についての具体的な話題ができるのも正式交際の利点です。

プロポーズ

結婚に向けての交際をおこない、お互いにこの人しかいないと思うようになってきたら、プロポーズをします。

最近は女性からプロポーズをする人もいますが、オーソドックスな方法では男性から女性へ結婚の申し込みをします。

プロポーズをする前にお互いの気持ちが分かっていることも多く、正式交際からのデートの様子で、プロポーズを受け入れてくれるかがおおよそ分かります。

入籍

相手がプロポーズを受け入れてくれたのなら、晴れて結婚、入籍となります。

出会いから入籍まで何段階もハードルがあるようですが、早い人なら1ヶ月以内にこの過程をすべて終了する人も見られます。

出会いの時点で相性がよい場合は、結婚までの時間が短くなるので、急いで相手を見つけたい人もスピード婚が可能です。

婚活を始める前にすべきこととは?

結婚を急いでいる人は、すぐにでも婚活を始めたいところですが、事前にやるべきことを確認しておくことが大切です。

適当に良さそうなものを選んで始めると、途中で困ることになることもあります。

自分に合う方法、かける予算、相手の条件などを自分で確認することで、時間やお金のロスがなくなり、より効率の良い婚活が実現できます。特に女性は出産年齢から時間を無駄にするのはやめましょう。

婚活する期間を決める

3ヶ月以内に相手を見つけたい、1年以上かかっても自分と相性の良い人が良いなど、自分が婚活にかけられる期間を大体決めておきましょう。

婚活は就職活動のように、在学中になんとしてでも内定を取る必要はありません。

また、いったん婚活を休止することもできるため、自分の状況によって自由に期間を設定することが可能です。3ヶ月づつ期間を区切り、長期に活動をするということもできます。

婚活にかける予算を決める

期間が決まったら、予算を決めましょう。アプリや結婚相談所を利用する場合、期間=予算であることがほとんどです。

月会費や年会費がかかるシステムが多いので、だらだら婚活していては、無駄な予算を使うことになるでしょう。

婚活を開始する前に、期間と予算をしっかり確認することで、時間や予算のロスを防ぐことができます。

どんな婚活方法が自分に合うか考える

期間と予算が決まれば、婚活方法を決めましょう。最近は低予算でも充実した婚活をすることができるので、どれでも選ぶことができます。

婚活アプリ、婚活パーティー、結婚相談所など、自分に合った方法を探しましょう。ポイントは、苦手なやり方は避けることです。誰でも得意、不得意があるので、自分の得意な方法で探すことが大切です。

婚活方法を間違えると、婚活自体が嫌になることもあります。

結婚相手に望む条件を整理する

婚活方法が決まれば、結婚相手に望む条件を具体的に書き出してみましょう。年収、容姿、趣味、地域、子ども、喫煙など、思いつくことを整理してみます。

どのシステムでも最初の登録で、自分の希望条件を細かく記入するので、それが希望の確認になります。この条件でマッチングが決まるため、おろそかにすることはできません。

自分にとって譲ることのできない結婚の条件を最初にチェックしておきましょう。条件が分からないという人は、実際の結婚生活をイメージしてみると良いでしょう。

自分のアピールポイントを整理する

相手への条件が確認できたら、自分のアピールポイントを整理しましょう。このプロフィールを見て相手がアプローチして来るため、手抜きすることなくしっかり記入しましょう。

ポイントは多くの異性の中から自分の個性を見てもらえるよう、分かりやすいキーワードを選んでおくことです。婚活パーティーなどの対面形式でも、相手と会話できるのは一瞬であることがほとんどです。

異性の印象に残りやすいよう、短くても印象深いアピールポイントを見つけて伝えるようにしましょう。

婚活にふさわしい外見を整える

婚活を始めたら、これまで外見に無頓着だったという人も、異性に認めてもらえるような外見を作りましょう。

ポイントは清潔感を出すということで、そんなに難しいことではありません。髪型やファッションに凝るよりも、まず衣類や体をきれいにしておくことが異性に合うときには大切です。

特に男性は、中身さえよければ外見はどうでもいいという人が多く見られますが、異性がスルーしてしまうような不潔な印象はNGです。

自分磨きをしておく

自分が異性にとって魅力的に映るように、最初の段階で自分磨きをしておきましょう。どんな異性にとっても好印象となる共通のポイントがあるので紹介します。

まず、明るい笑顔を絶やさないことです。これだけで印象はかなり良く、最初の対面デートで断わられることはないでしょう。

次に、相手の話をしっかり聞くということです。男女とも、自分のことしかしゃべらないという人もいますが、これでは赤の他人同士がうまくいくはずありません。

自分のことを話す場合は、相手の話も引き出す方向で会話してみましょう。

周囲にも協力してもらう

誰にも話さずに婚活をするやり方もありますが、できたら周囲の人に知らせて、オープンにしておくことをおすすめします。

こうすることで、今自分がしている婚活とは別のルートで良い相手を紹介してもらえることもあります。

親や友人、昔のクラスメイト、近所の人など、少しでも可能性がある人には婚活中であることを伝えておくと、思いがけず良い出会いがあることもあるでしょう。

アプリで探すにしても半径50キロ以内の異性など、結局近くの人を検索することが多く見られます。このことから、距離的に近い周囲の人の協力を仰ぐことは良い方法といえるかもしれません。

よくある婚活方法1:婚活サイト・アプリとは?

スマホやパソコンでお手軽に始められるのが婚活サイトやアプリです。相手に求める条件を入力するだけで、検索により理想の異性をピックアップすることができます。

仕事で忙しい人にはおすすめの方法で、休み時間や寝る前の30分などの隙間時間を利用して婚活することが可能です。ここでは、婚活サイトやアプリの特徴や費用について簡単に解説しています。

最も手軽に始められる

スマホがあれば簡単に婚活ができるため、婚活が面倒という人にぴったりなのがサイトやアプリの利用です。

仕事で忙しい、対面パーティーが苦手、時短でより多くの人と出会いたいなどの人におすすめの方法で、15分の休憩時間、夕食後や就寝前の30分を利用して、相手とのマッチングを確かめることができます。

婚活方法の中で一番手軽なので、敷居が低く、費用も抑えられるます。まだできて新しい方法ですが、アプリで出会うことに抵抗がないのであれば、どの年代でも利用しやすい婚活です。

スマホの検索で相手をピックアップ

相手に求める条件を入力して検索するだけで、希望の相手候補がピックアップされるシステムです。

この中から良さそうな人を見つけて、いいね!を送り、相手もいいね!ありがとうを返してくれたならマッチング成立です。

検索世代に利用しやすいシステムになっており、相手に選んでもらえるよう、プロフィールや写真を充実させることが成功のポイントです。

費用は月額3,000円程度

サイトやアプリの費用は、月会費が3,000円程度かかるところが多く見られます。マッチングするまでは男女とも無料で、メール交換が始まったときから有料というところがほとんどです。

男性のほうが婚活の費用がかかりますが、婚活パーティーでも男性の費用が高いことが見られるので、3,000円は男性の婚活で最低の必要経費なのかもしれません。

女子は無料の場合が多い

男性の月会費は3,000円程度かかりますが、女性は最後まで無料ということが多くなっています。月会費がかかっても100円程度とかなり費用が抑えられているので、実質女性が負担する費用はないと思っておいてよいでしょう。

システム利用料がかからない女性ですが、自分磨き代がかかるため、婚活全体の費用は高くなることもあります。

工夫によって費用を抑えられる

男性は費用がかかるアプリの利用ですが、3ヶ月、6ヶ月、1年など、期間を決めて申し込むことで、1月の費用が半額以下になることもあります。

このことから、最初に婚活期間と予算をしっかり計画することで、時間の無駄もなく費用も抑えられるでしょう。

アプリを使いたい人は、婚活にお金をかけたくない人がほとんどです。確かにアプリは低予算ですが、男女とも遊びの人が結構多いので、すべてが丁寧な対応をしてくれるわけではありません。

このことを確認して、相手をしっかり見極めることが必要になります。

よくある婚活方法2:婚活パーティとは?

最初から対面での婚活をしてみたいなら、婚活パーティーがおすすめです。アプリのようにスマホ越しでしか相手を判断できないのは、かえって時間がかかることもあります。

しかし、対面パーティーなら最初から本人を見ることができるので、相性が時短で分かることもあります。

ここでは、婚活パーティーの概要や費用についてご紹介しているので、チェックしてください。

最初から外見や物腰が分かる

実際の人物を見ることができないアプリに対して、婚活パーティーは最初から異性の外見や物腰がはっきり分かります。アプリの写真だけでは、どんな人か判断がつかないということも多いでしょう。

対面パーティーは、アプリのように、実際に会ってみたときとのギャップがないことから、婚活のミスマッチが少なくなる可能性も高くなります。

初対面が得意な人はおすすめ

初めて合う異性と気兼ねなく話せるという人は婚活パーティーがおすすめです。

アプリはどちらかというと対面が苦手な人が多く利用しており、自分が社交的であることを認識している人はパーティー形式が合っているでしょう

しかし、生身の異性を見て会話できるのは、貴重な機会です。婚活の感覚を養うために、アプリ主体の人も定期的にパーティーへ参加してみるのもおすすめです。

費用は1回3,000円程度

婚活パーティーの費用は男性が3,000円程度のプランが多く、女性は半額以下か無料というところも見られます。

しかし、ハイステ男性限定など、女性に人気のパーティーは女性も同額料金を支払うことが多く見られます。

需要と供給の関係でパーティー費用は決まるので、競争率の高い男性を狙うならそれ相応の費用が女性にもかかります。

パーティーの人数はお好みで決められる

100人を超えるビッグパーティー、3:3の少人数制のお見合い形式など、婚活パーティーはお好みで人数を選ぶことができます。

大人数のパーティーは、一人ひとりとじっくり会話するのが難しいため、どうしても外見で判断することが多くなるでしょう。

しかし、見た目から分かる内面もあるので、大人数制が一概によく知り合えないとも言えません。

個性的なパーティーもある

お見合いバスツアーや、趣味のパーティー、条件別パーティーなど、最近の婚活パーティーには様々な種類が見られます。

自分のこだわりをポイントに、個性のあるパーティーへの参加で、特別な異性と出会えることもあるでしょう。

料理のできる男性が良い、スポーツ好きな女性が好み、絶対年収条件は外せないなど、人によって結婚への希望条件は様々です。

婚活の希望を叶えて、効率よくマッチングできる対面のパーティーは、初対面でもグループで楽しむことができるおすすめの婚活です。

よくある婚活方法3:結婚相談所とは?

自分で相手を探すより、プロの仲人から相手を見つけて欲しい人におすすめなのが結婚相談所です。費用が高いイメージがありますが、最近は費用が抑えられているサービスもあるので、利用しやすいものも見つかります。

ここでは、結婚相談所について、大まかにご紹介しているので、婚活方法を決める際の参考にしてください。

プロの仲人が相手を見つけてくれる

自分で相手を見つけるアプリやパーティーと違い、結婚相談所はプロの仲人が良い相手を見つけてくれます。

相手への希望条件を最初にしっかりヒアリングするところから始まり、検索や実際の対面の様子から、うまくいきそうな人を紹介してくれます。

自分の見立てに自信がないという人は結婚相談所がおすすめですが、自信があっても客観的なプロの仲人の意見を聞きたいという人にも良い婚活方法です。

コンサルタントの助言がもらえる

結婚相談所には担当のコンサルタントが常駐しており、成婚までの過程についてアドバイスしてくれます。

これまで異性とほとんど付き合ったことがないという人も安心のシステムになっており、デートの方法が分からない、相手と話が続かない、などの具体的な悩みにも細かく答えてくれるありがたい婚活になっています。

費用は月額1万円程度

結婚相談所の費用は、平均して男女とも1月1万円程度です。

入会金や成婚料も含めると30万円程度かかることもありますが、最近は検索システムを利用するなどの新しい方法で、これより低予算で相談所を利用することもできます。

1月3,000円程度で婚活ができるサイトやアプリの利用者が増えていることから、結婚相談所もできるだけ不必要なサービスを省いて利用しやすい料金体系にしようと試みています

親も含めて話がまとまりやすい

結婚は最終的に親の承諾が必要になります。結婚相談所はこのこともしっかり見据えて相手を紹介してくれるので、ゴールインまでの道のりが最短になる可能性が高くなります。

これがアプリやパーティーでの出会いなら、両親の意向が入らないことが多く、付き合っていくうちに家族とのミスマッチがあることが分かってくることもあります。

結婚を一連の仕事と考えるなら、結婚相談所はすべてを任せられる便利なシステムです。

長い目で見て良い人を紹介してくれる

勢いだけで結婚するより、長い目で見てうまくいきそうな人を始めから紹介してくれるのは結婚相談所ならではです。

最近、せっかく結婚しても離婚してしまう人がかなり多くなっています。離婚の原因は様々ですが、一番多い理由は性格の不一致とされています。

あやふやな理由ですが、結婚後に発生する多くの問題を、二人で協力して解決することができないことが大きな理由でしょう。

長期的な二人の方向性を見て紹介してくれるのは結婚相談所だけなので、費用がかかっても良いとする人も多く見られます。

しっかり準備して婚活を始めよう

婚活の始め方についてご紹介しました。なんとなく結婚相手を探していたのでは、途中で行き詰ってしまうこともあります。

女性は出産年齢から、できるだけ時間のロスを無くしたいでしょう。それなら最初の計画が大切です。自分の希望をしっかり確認して、内容の濃い相手探しをしましょう。

関連記事