恋愛

婚活するのが楽しい!ポジティブな婚活デートでゴールイン

婚活が楽しいってどういうこと?

今の婚活は楽しいですか?楽しくないと感じているのなら、就職活動のように、義務で仕方なくおこなっているという人も多いのではないでしょうか。

将来のパートナー候補をじっくり見比べることができる婚活は、どきどきするけれど、知らない異性と出会える楽しい活動です。苦しいから楽しいに変えて、ポジティブな婚活をしゴールインへ近づけましょう。

婚活を楽しいと思えない人の特徴とは?

婚活を楽しめない人には、共通の特徴があります。特にアラサーから婚活を開始した人は、売れ残りの不安や義務感から、内定が決まらない就職活動のように苦しんでいる人が多く見られます。

ここでは、婚活を楽しめない人について解説しているので、自分に当てはめてみましょう。

売れ残るかもという焦りを抱えている

婚活をする人のほとんどが、自分は売れ残るのではないか、という焦りを抱えています。

売れ残りたくないから、お金をかけて婚活をしているのであり、成婚できなかったらこれまでの活動期間が無駄になってしまうと感じるでしょう。

しかし、婚活している男女はみな同じ気持ちであり、結婚自体には前向きな姿勢です。

ただマッチングの機会がないため、ゴールインすることをとどまっているだけなので、良い相手と出会えるよう自分でも工夫することが大切です。

結婚に義務感を感じている

周囲から早く結婚するように言われて、仕方なく婚活しているという人もいるでしょう。特にアラサーの女性は、しつこく促されているはずです。

これを受けて、仕方なく義務感で婚活しているという人は、婚活自体を楽しいとは思わないでしょう。

もし、自分自身に全く結婚する意思がないのなら、そのことを周囲に伝えてみましょう。しかし、自分も早く成婚したいと思うなら、婚活を楽しめるようにするだけで状況が変わってくることもあります。

相手の欠点が目についてしまう

婚活デートで、必ず相手の欠点が目に付いてしまうという人もいます。

普通の恋人ではなく、生涯を共にするパートナー候補なので、完璧で理想の相手を見つけたいと思うからかもしれません。

しかし、素敵な相手の短所ばかり見ているのでは、婚活自体が楽しくありません。

こんな人は、相手の長所は見逃していることがほとんどなので、方針を変えてまず良いところだけを見るようにしてみるとよいでしょう。

連絡を取ったりデートをセッティングするのがわずらわしい

仕事で忙しい人ほど、アプリやコンパへ出席して、まとめて婚活するという人も多いでしょう。しかし、その後お互いに連絡を取り、デートのセッティングをするのは自分でおこなう必要があります。

このデートの段取りがわずらわしいという人は、婚活を楽しめない傾向にあります。

本来わくわくする異性とのデートですが、相手の日程と自分の都合を合わせたり、デートの予定を立てること自体が面倒という人は、方針を変える必要があるでしょう。

結婚の常識に捕らわれている

年収1,000万、身長は170センチ以上、大企業勤務、高学歴など、知らないうちに自分を結婚の作られた常識へ当てはめて活動している人も多いでしょう。

親や周囲の意見がそのまま自分の結婚観となっていることに気づいておらず、自由な相手探しの妨げとなっていることもあります。

こんな人は、一度自分の常識をリセットして異性を見てみましょう。1990年代から、結婚生活が大きく様変わりして、共働きが当たり前になっています。

親の世代と現実にはギャップがあるということを認識して、自分の婚活をしてみましょう。

断わられることを恐れている

気に入った異性から断わられることを異常に怖がっている人は、婚活を楽しめません。こんな人は、学生時代までわりとモテていたため、自分が否定されることが信じられないのでしょう。

しかし、婚活は恋人探しとは違います。将来のパートナー探しという目的を持ちみんな活動しているので、なんとなく良さそうだからという理由だけでは受け入れてくれません。

このことを踏まえて、簡単には相手が見つからないということを認識してみましょう。少々断わられてもマッチングが悪かっただけと考えるようになり、次の相手探しを始めることができるはずです。

婚活を楽しいと思えている人の特徴とは?

婚活が嫌だと思う人もいる反面、楽しんでいる人もたくさんいます。どうせ活動するのなら、苦しむより楽しんでパートナー探しをしてみてはどうでしょうか。

ここでは婚活を楽しんでいる人の特徴を紹介しているので、自分とは何が違うのか参考にしてください。

若いうちから婚活を始めている

20代前半のまだ結婚に焦る年代とは遠いころから婚活を始めている人は、パートナー探しを楽しんでいる人が多く見られます。

切羽詰って婚活を始めてしまうと余裕がないため、焦りばかりが先にたち、異性とのデートを楽しむ余裕がありません。

20代前半なら、じっくり一人の人と向き合って婚活することができます。こだわると結構時間のかかる婚活を、早々とスタートさせることが婚活を楽しむポイントです。

結婚にポジティブなイメージを持っている

結婚自体を、わくわくする楽しい生活の始まりと考えている人は、婚活を楽しんでいます。特に親と同居している人は、早く自分の家族を持ちたいと思う人も多いでしょう。

結婚にポジティブなイメージを持っている人は、婚活を楽しんでいる人が多く見られます。

異性探し=新生活の共同生活者と考えれば、また違った活動をすることができるでしょう。周囲に認められる中、自分の生活を、自分で選んだ人としていけるのは、結婚することの大きなメリットです。

自分から人に話しかけられる

社交家で、自分から積極的に異性へ話しかけられる人は、婚活が楽しいと感じています。仕事で営業的なことをしている人なら、初対面の人でも気兼ねなく話すことができるでしょう。

もし、自分で話しかけることが苦手という人も、婚活用のキャラクターを自分で作ってみましょう。もし、怪訝な顔をされても、婚活のための過程の一つだと思えば気になることもありません。

10人話しかけて1人の異性が口をきいてくれたら良しとしましょう。

知らない人に会ったり知らない場所に行くのが好き

知らない人に合うこと自体が楽しいという人は、婚活を楽しんでいます。こういう人は婚活パーティーが得意で、2時間程度の短時間で数十人もの異性と出会うことができます。

また、知らない場所へ出かけるのも好きで、変わった場所へデートするのも楽しめます。普段自分では絶対行くことのない場所で婚活デートすることにより、自分の世界が広がると感じるのでしょう。

結婚生活自体が新生活の始まりなので、婚活で新しい体験をしてみるのもおすすめです。

自分の年齢を気にしていない

アラサー以降で婚活中の人も、結婚年齢にこだわりがない人は婚活を楽しんでいます。今の生活が充実しており、子どもも希望しておらず、特に焦って結婚する必要を感じていない人もいるでしょう。

こんな人は、婚活というより長期のパートナー探しとして、その過程を楽しめるではずです。

しかし、自分優先で子どもを希望していないという人も、一子を生んだ途端変わる人も見られます。アラサー以降の人は、体調管理をしっかりして、将来の出産の可能性に備えることをおすすめします。

婚活を楽しんでいる人の体験談を紹介

婚活を楽しんでいる人なんて実際にいるのでしょうか。ここでは、現在婚活中で、充実しているという人にスポットを当てて、体験談をご紹介しています。

他の人はどういうふうに楽しんでいるのか、参考にしてみましょう。

20代前半から異性を探して正解

会社員

22歳で婚活スタートして充実している

姉がアラサーで婚活を始めて、お見合いで不本意な人と結婚させられました。これを見ているから、私は早く婚活を始めて自分で相手を決めようと努力中です。結婚はぜひしたいので、自分で行動するしかないと思っています。

この方は、お姉さんの結婚を見て自分の婚活に活かしたいと思われているようです。20代前半から婚活すれば、余裕を持ってよい人が見つかるでしょう。

人見知りだったけど初対面が得意になった

会社員

婚活することで友人も増えた

これまで人見知りが激しく、異性はおろか同姓の友人もなかなかできませんでした。しかし、婚活システムで義務的にでも男性と会話するようになってから、初対面が得意になり、自分でもびっくりしています。幅広くいろいろな人と交流できる今の自分が気にいっています。

婚活することで、これまで知らなかった社交的な自分の性格が分かったという人です。婚活システムで無理にでも異性と会話することで、内気な性格が変わり、同姓の友人も増えて生活を楽しんでいるようです。

早く親元を離れて独立したい

自営

親と別居したくて婚活をスタート

親の店を継ぐため父母と同居中ですが、結婚して自分の家庭を持ちたいと思っています。早く独立したいため、自分の状況を女性に理解してもらい、一緒になってくれる人を探しています。

この方は、ご両親のお店を継ぐことが決まっており、結婚への希望条件や理想の相手が具体的に確認できているようです。自分の家庭を持つこと自体に大きな期待を抱かれているため、充実して楽しんでいるのでしょう。

楽しく婚活するためのポイントとは?

楽しく婚活するためのコツをご紹介します。これまでの活動の考え方を少し変えるだけで、苦しい婚活が変わる可能性があります。

何で自分の婚活は楽しくないのだろうと疑問に感じている人は、ぜひ参考にして婚活を変えてみてください。

普段出会えない人と出会えている事実に感謝する

婚活は、今の自分の生活では絶対出会えない異性と会える貴重な場です。

普段なら、会話することができない相手と結婚というプライベートな話題で話すことができるのは、ありがたいことだと考えてみましょう。

ハイステ、高収入、趣味プラス高身長など、自分の理想的な異性を選んで、デートでも積極的に会話してみましょう。もし、正式交際できなくても、婚活のプラス情報は得られるはずです。

婚活前と比べて自分にどう磨きがかかったか考えてみる

婚活をきっかけにして、自分磨きを始めたという人もいるでしょう。以前までの自分と比べて、どのように変化しているかをチェックしてみるのも楽しみの一つになるでしょう。

学生から社会人、独身から結婚、シングルから恋人など、生活の節目に大体の人は外見も大きく変わります。婚活を始めて磨きがかかった自分を確認して異性へのアピールポイントをさらに充実させましょう。

お金や時間の損得勘定をいったん忘れてみる

婚活は就職活動によく例えられますが、本質的には全く別なことです。できるだけ低予算で短期間に良い相手を見つけることばかりに気を取られていると、異性との付き合いを楽しむことができません。

いったんお金や時間などの損得勘定を忘れてみるのも良い方法です。こうすることで、学生時代のように、本心から好きと思える相手と楽しんでデートすることができるでしょう。

相手への条件も忘れて、純粋な恋愛感情だけに集中してみるのもおすすめです。

一人では行けない場所にデートで行けると考える

婚活は全く知らない人とデートができる貴重な場です。

これまであまり郊外へ行ったことがなかった、美術館なんて初めて行った、回転寿司以外のおすし屋さんなんて行ったことがなかった、など、1人では絶対行くことがない場所へ行けるのも婚活デートの良いところです。

結婚自体が全くの他人と新生活を始めることなので、これまでの自分にはない体験を積極的に楽しむのもコツの一つです。

対人スキルがアップして仕事にも役立つと考える

これまで営業的な仕事をしたことがなかったという人は、婚活することで初対面の人とのコミュニケーションが得意になったという人も多いでしょう。

これが対人関係のスキルアップに繋がることもあり、仕事にも良い影響が出る場合もあります。

婚活をすることで自分も一皮向けて成長できると考えると、もし良い相手がなかなか見つからなくても満足度が高くなるでしょう。

楽しい婚活はこれ!エンタメ系婚活イベントいろいろ

楽しんで婚活するのにふさわしいエンタメ系の婚活イベントをご紹介します。

以前の婚活イベントは、フロアの一室で何がおこなわれているのかよく分からないため不安に感じる人もいましたが、最近は明るくレジャー感覚で楽しめるものが増えています。

ここでは、これまでとは違った楽しみ方ができる婚活パーティーをご紹介しています。休日の遊び感覚で出かけてみてはいかがでしょうか。

アウトドア婚活パーティ

登山やハイキング、キャンプやバーベキューなど、屋外でたくさんの人とレジャー感覚で婚活をします。

普段オフィスの中で仕事をしている人は、休日くらいは屋外で過ごしたいという人も多いのではないでしょうか。

婚活も大勢の男女が集まり、健康的にアウトドアを楽しめるパーティーへ参加すれば、義務的におこなうのではなく、異性との交流を楽しめるはずです。

料理教室での婚活パーティ

最近の男性は料理を楽しむ人が増えています。結婚しても共働きが多かったり、独身でも困らないよう、積極的に料理を学ぶ人も多くなっています。

休みの日には婚活を兼ねて、料理教室でのイベントへ参加してみるのもおすすめです。自分の技も磨かれて、一緒に料理を楽しめる異性に出会える可能性が高くなります。

女性も、結婚相手にはぜひ料理ができる人をと考えている人には、おすすめの婚活パーティーです。

星空を観察しながら婚活パーティー

静かに夜の星空を眺めながら婚活してみませんか?アウトドアでも野鳥や星空など、遠くの生物や空を見るだけなので、特別な用意は必要ありません。

気が向いたときに参加することができるのもメリットで、忙しいときのちょっとした気分転換にもなります

同じ趣味を持つ異性と出会えるため、結婚しても二人で仲良く休日を過ごすことができるでしょう。

鬼ごっこ婚活パーティー

童心に帰って鬼ごっこをしながら婚活をするパーティーも見られます。

インストラクターの指導の下、男女がペアになり、追い出し鬼ごっこ、玉突き鬼、背中合わせ鬼など、子どものころに遊んだ遊びをして楽しみます

ちょっとした運動にもなるため、最近太り気味という人にもおすすめです。また、さりげないボディタッチもできるので、相手への親近感を持ちやすくなるイベントです。

しっかり声を出して体を動かすことで、子どものころの感覚がよみがえり、婚活相手とも打ち解けやすくなるでしょう。

婚活を楽しめれば婚活成功にも近づくはず

婚活の楽しみ方をご紹介しました。これまで義務的に婚活していたという人は、異性とのデートが嫌でしょうがなかったという人もいるでしょう。

しかし、ちょっと考え方や婚活の方向を見直すことで、とたんに楽しめる婚活になることもあります。周囲の意見より、自分が楽しむことだけに注目して充実した婚活をしましょう。

関連記事