10/7から東京・天王洲 銀河劇場にて藤原竜也・山本裕典らによる舞台「鱈々(だらだら)」が公演される。

メインビジュアルもタイトルもかなり独特な本作。

本作は韓国を代表する劇作家・李康白(イ・ガンペク)が 1993 年に発表した傑作 4 人芝居を、 様々な受賞歴を持ち、新劇・ミュージカル・古典まで幅広く演出を行う超人気演出家・栗山民也が手掛ける作品。

「2人の男が何年もの間、倉庫に運ばれてきた箱をひたすら順番通りに並べる」という独特の世界観の中、現代社会の矛盾や問題などをあぶり出し、見せていく作品。
とにかく真面目でコツコツ働きながらも、キームに深い愛情を持って世話を焼くジャーン役に藤原竜也、女好きで倉庫での生活に疑問を抱くキーム役に山本裕典。
箱の中身、自身の仕事にどのような意味があるかも知らない2人。
しかし真心込めて毎日仕事をコツコツこなすジャーンと、仕事に対して目的を見出せないキーム。

そのような中、キームの遊び相手のミス・ダーリン(中村ゆり)、トラック運転手でありミス・ダーリンの父親(木場勝己)が現れ、2人の生活に大きな変化をもたらすことになる。

本作はどのような芝居になりそうなのか。
今回、キーム役の山本裕典にインタビューを実施し、稽古が始まる直前の彼に話を聞いてみた。

インタビューに応えてくれた山本裕典

うまく演じられれば代表作と言える作品になるかもしれない。

タイトルも設定も独特なこの芝居。
最初に話が来た時はどのように感じたのだろうか?

「まずタイトルを観て『何これ?』と思いました。後は4人芝居で藤原竜也くんと共演できるという事と、実は僕、銀河劇場が結構好きなんですが、そこで久しぶりにお芝居が出来る。これだけを初めは聞いていたので結構楽しみにしてたんです。ところがフタを空けてみると題材とストーリーがとても独特で少し不安も感じたりしました。ただテーマ性や内容、演出家の栗山さん、共演者の方々…これは『今までの僕」を越えられるような作品にできるかもしれないと感じたんです。それに藤原竜也さんと2人で並びというチラシビジュアルはとても光栄だし、とても嬉しかったです。」

では山本が演じる「キーム」についてはどう感じているのだろうか。

ここについては、自他ともに「ハマっている」と感じているそうだ。
山本が語る自身と「キーム」の接点は「コツコツした作業が実は苦手」「刺激を追い求め、『静』より『動』の性分」「心が弱いところもあって、時には逃げたくなったり、流されてしまう部分もある」所だとか。

「現実から逃げたいと思ったとき、キームは女性に逃げてしまい、僕は悩んだ時にお酒に走ってしまう事もある。でもポジティブで、人生において生きる上での達者もの。僕も口だけは達者なんですよね…(笑)そんなキームは僕の本来の持ち味である部分を上手く重ねられると思っていて、上手く演じられたら自分のハマり役、代表作にできるのかなと感じています」とまっすぐに語ってくれた。

実は彼をよく知る演劇プロデューサーからも台本を読む前に「ハマり役だよ!」と言われたそうで、実際に台本を観て「確かに!と思わず言ってしまった」という位、山本の持つ「ポジティブさ」がリンクをしている役柄だそうだ。

山本がキームに肉付けしていきたいキャラクターは「愛されキャラ」

ただ心配もあるようで「今はまだ、ちょっと共感できるところは少なくて…ポジティブでおおざっぱな所は近いけど、台本を読むだけだと、あまりにも最低なやつなんです(笑)」と語ってくれた。

そこで山本はキームを「愛されるように演じたい」と教えてくれた。

「キームはジャーンに対して『情』があるはずなのに、一度決断をしたらとてもさっぱりとした行動を取ってしまう。とにかく切り替えが早いんです。僕は『もうちょっと考えてやれよ!?愛をもっと持てよ!?』って思ってしまう(笑)。そこまでさっぱり忘れられないタイプなのかも。だからこのままのキームで行くと、嫌われちゃう気がしていて(笑)」と笑いながら話してくれた。

そこで考えたのは、キームに対して「愛されキャラ」の要素を肉付けしていく事。

「いるいる、こういう奴…と思いながらも、なんだか憎めない、そんな人間らしさが出せるようにしていきたい」と話す。

バカだなあ…と思っても、憎めず、放っておけず、周りから愛されるようなキャラクター。
稽古に入るとまた刻々と変わるかもしれないが、実際の本番ではどのような「キーム」に会う事ができるのだろうか。

100人いたら100通りの受け取り方ができるお芝居

また本作の見所として教えてくれたのは「設定は独特で非現実的、でも今を生きる僕たちにも通じるものがある」との事。

例えば歪んだ愛の形や表現、それ故に取ってしまうとんでもない行動。
「人間、生きていると大なり小なりこういう事ってあると思うんです」

また「話だけ追いかけず、様々なセリフや場面を自分なりに観客の方自身が、自分の視点を加えて考えて頂くと、色々な感じ方、捉え方をする事ができるお芝居だと思うんです。100人いたら100通りの答えが出そうな舞台だと思っています。そういう舞台って僕は面白いと思っているんですよね。自分もその空間に参加して、考えて、一緒になって選択して行くっていう舞台の楽しみ方ができると思います」

実は「ながら芝居」が苦手との一面も。

現時点で、苦労しそうな事はありそうかと聞いてみると意外な答えが。

「僕、『ながら芝居』が実は苦手なんです…。映画のお仕事で、ご飯を食べながら演技をするシーンがあって、完成した映像を観てビックリしたんですけど、ご飯しか食べてなかったんです…(笑)。エンタメやコメディは得意なんですが、日常のシーンの中で何かをしながら演技をする、という事が少し苦手なのでそこを稽古で克服していければなと思っています」
また共に芝居を創る共演者との関係も気になるところ。

藤原については「良いお兄さんが出来たみたいで、素敵なお芝居を一緒にやらせて頂けそうな安心感がありました」と答え、中村とは「以前から何度か共演した事があるんですが、今回は特に話しやすい感じがしています」との事、そして木場に対しては「素敵な俳優さんで、優しいお父さんみたい。色々勉強させて頂きたい」と笑顔で答えており、信頼できるメンバーたちと巡り合えたようだ。

映画やドラマとは違う舞台の『山本裕典』の魅力をぜひ感じて観て欲しい

最後に意気込みを聞いてみた。

「まずタイトルの『鱈々』って何だろうと思われるかもしれませんが、僕らも何だろう…と最初は思っていました。ただ、今僕が感じる印象では、密度が濃い4人芝居をお見せできると思っていて、あっという間に時間が過ぎていくような見やすいお芝居になると思っています。今回休憩もなく一気に進むようですので、ぜひ気軽に楽しんで頂きたいです。

また他の共演者のファンの方には僕を知って頂ける機会にもなると思いますので、ドラマや映画のイメージがあると思うんですが、舞台をここ数年多くやらせて頂いている中で舞台ならではの「山本裕典」を観て頂いて、少しでも興味を持っていただけたら嬉しいです。
実は蜷川幸雄さんの舞台に出させて頂いた後のファンイベントで、お客様の層が変わった時があって、すごく嬉しかったんです。今回も新しいお客様に僕のお芝居に興味を持っていただけたら良いなと思っています。

あと、舞台に出演するようになってからは『映像好きの方を舞台にも引っ張ってくる』という気概を持って挑んでいるので、、この作品がお芝居の楽しさを知ってもらえるきっかけにもなれたらなと思っています。

後は…様々な先輩の中で揉まれると思うので、僕のファンの方には、その中で成長していく自分を観て欲しいです。ファンの方は最低3回以上は観てもらわないとファンとは呼べません!(笑)ここ書いておいてください、ファンの方には、ちゃんと通じる…はずです!(笑)

舞台「鱈々」公演概要

【東京公演】
日程:2016 年 10 月 7 日(金)~30 日(日)
会場:天王洲 銀河劇場
チケット料 金 全席指定 9,800 円(税込)、U-25 チケット 5,500 円(税込)
※未就学児童入場不可
その後長野(上田・塩尻)、大阪、鹿児島、福岡、静岡など全国6か所で順次公演予定。
詳しくはコチラをチェック!
http://hpot.jp/stage/dara

ツイッター:@daradara2016

なお公式HPには動画コメント、PV、稽古場初日レポート、原作者であるイ・ガンペクと交流のある劇作家・演出家の鄭儀信からのコメントなどオリジナルコンテンツが満載となっている。

アフタートーク開催も決定!

下記日程で、本公演終了後に≪だらだらトーク≫開催が決定。

稽古場でのエピソード、共演者の裏話などなど、ここでしか聞けない秘話をご来場の方だけが聴くことができる貴重な機会なのでぜひチェックを。

【だらだらトーク開催日】
・10月13日(木)19:00公演終了後 山本裕典さん・中村ゆりさん

・10月17日(月)14:00公演終了後 山本裕典さん・木場勝己さん

※該当公演のチケットを持っている方は全員参加可能

オリジナル鍋つかみ&鍋敷き(2WAY)付きチケット発売中!9/25間での限定販売!

ホリプロオンラインチケット限定で2WAY鍋つかみ&鍋敷き付きチケットが大好評発売中!(9月25日(日)23:59迄の限定販売)

本作の象徴的なアイテムとして含まれる「鱈」をモチーフとし、作品オリジナルの鍋つかみ&鍋敷き(2WAY)付きという豪華チケット。
藤原竜也も案を観ながら制作が進められているそうなので是非チェックを!

山本裕典 プロフィール

関連するキーワード

iLIP_Staff

iLIPスタッフです。
俳優、アーティスト、アスリート、舞台、アイドル、アニメ…等など、今注目の「イケメン」に関するニュースやインタビュー、コラムをお届け!

登場いただく方が内に秘めてる「想い」や「情熱」、イメージとは違う「ギャップ」などそれぞれのフィールドで活躍される皆さんの魅力を様々な切り口でご紹介して、読者の皆様にお届けしていきます♡

▽ スタッフ紹介 ▽
・Sayu(30代)
推しメン:ユンホ(東方神起)、池松壮亮、荒木宏文、吉原シュート
ビール、深夜ラーメン、イケメンをこよなく愛するこじらせ30代(独身)
座右の銘:リア充?何それおいしいの?

・MiSoTaSo(20代)
推しメン:福士蒼汰、瀬戸利樹
休日はエステやマッサージに行って癒されてます♪

ピックアップ

アクセスランキング