映画『DEATH NOTE デスノート』シリーズ最新作『デスノート Light up the NEW world』(10月29日全国公開)から、名前を書かれた人間を死なせることができる死神のノート「デスノート」を使って人々を殺害していく、衝撃的な無差別殺人シーンを捉えた本編映像が公開された。
 本作の舞台は、過去シリーズで描かれた、デスノートを使って犯罪のない社会を実現しようとしたキラこと夜神月と、暴走する彼を止めようとした名探偵Lの対決から10年後の情報化社会。新たに6冊のデスノートが落とされ大混乱に陥った世界で、デスノート対策本部特別チームの捜査官・三島創(東出昌大)、Lの遺伝子を引き継ぐ探偵・竜崎(池松壮亮)、キラ信奉者・紫苑(菅田将暉)が、デスノートをめぐって激突する。 今回公開されたのは、デスノートを使って無差別殺人を行う少女・青井さくら(川栄李奈)の凶行を捉えた本編映像。フードを目深にかぶり渋谷の街を歩く青井は、目を赤く光らせながらすれ違う人々の名前をデスノートに書き込み、殺害していく……。

 デスノートには「書く人物の顔が頭に入っていないと効果は得られない。ゆえに、同姓同名の人物は死なない」というルールが存在するが、青井は死神に寿命の半分を差し出すことで、顔を見るだけで人の本名などがわかるようになる“死神の目”を持つ人物で、キラと違って特別な思想もなく、不敵な笑みを浮かべながら人を殺していく。緊急要請を受けて事件現場へと向かうデスノート対策本部特別チームが見守る車内モニターには、道に沿って次々に被害者が出ている様子が映し出され、特別チームの浦上衛(大迫一平)は「……まるで、通り魔だな」と一言。その言葉を聞いた三島の険しい表情からは、悪夢が現実になった絶望感が伝わってくるようだ。

 本作にはそのほか、戸田恵梨香ふんするミサミサこと弥海砂や、中村獅童が声を演じる死神リュークも再登場。さらに新たな死神まで登場し、『アイアムアヒーロー』『GANTZ』の佐藤信介監督によって、壮絶な攻防戦が描かれる。(編集部・入倉功一)

関連するキーワード

iLIP_Staff

iLIPスタッフです。
俳優、アーティスト、アスリート、舞台、アイドル、アニメ…等など、今注目の「イケメン」に関するニュースやインタビュー、コラムをお届け!

登場いただく方が内に秘めてる「想い」や「情熱」、イメージとは違う「ギャップ」などそれぞれのフィールドで活躍される皆さんの魅力を様々な切り口でご紹介して、読者の皆様にお届けしていきます♡

▽ スタッフ紹介 ▽

・Sayu(30代前半)
推しメン:ユンホ(東方神起)、千葉雄大、吉原シュート
ビール、深夜ラーメン、イケメンをこよなく愛するこじらせ30代(独身)
座右の銘:リア充?何それおいしいの?

・MiSoTaSo(20代)
推しメン:福士蒼汰、瀬戸利樹
休日はエステやマッサージに行って癒されてます♪

ピックアップ

アクセスランキング