20日、都内にてPrizmaXの単独ライブ Live Level4 「いつかこの夜を思い出すだろう-Someday-」が行われた。

Photo by Kenichi Sasamori / Shigeo Kosaka

まず、こんなに贅沢なボーイズグループがあったのか…というのがPrizmaXのライブを体験した印象だった。

彼らはスターダストプロモーションに所属する若手男性俳優・タレントで構成されたアーティスト集団、演劇集団”EBIDAN”に所属する5人組ダンスボーカルユニット。

伸びやかな高音ボーカルと、キレがあるダンスで高レベルなパフォーマンスを実現している本格的なダンス&ボーカルグループながら、全員イケメンという相当レベルの高いアーティストグループで音楽も洋楽に近いセンスが良い楽曲ばかり。
2012年に第2章を迎え”スターダストの秘密兵器”とも呼ばれている。

今回、スティーブン・スピルバーグ監督作品「レディ・プレイヤー・ワン(原題)/2018年3月公開予定」でハリウッドデビューする事となった森崎ウィンが久々にライブに参加。

森崎は「日英バイリンガル」という厳しい条件の全世界オーディションを勝ち抜き、4ヶ月間の撮影に挑んでおり、その間“Level3”東名阪ツアーについてはメンバー4名で行っていた。

今回のライブは新曲“Someday”をテーマ曲としたドラマと楽曲が交差した構成。

PrizmaX - ”いつかこの夜を思い出すだろう 〜Someday〜” Teaser - YouTube

出典:YouTube

ライブ前の囲み取材で森崎も「より曲への入り込み方が深くなると思います」と自信を見せた挑戦的な取り組み。

ライブのテーマである「いつかこの夜を思い出すだろう」にちなみ、東京で偶然出会った2人の男女が引き起こした『忘れられない奇跡のような夜』のドラマが展開され、そのシチュエーションに合ったPrizmaXの楽曲が展開される構成だが、驚くべきはPrizmaXのパフォーマンスレベルの高さ。
まず森崎ウィンと黒川ティムの歌唱力。

森崎ウィン
Photo by Kenichi Sasamori / Shigeo Kosaka

黒川ティム
Photo by Kenichi Sasamori / Shigeo Kosaka

英語がネイティブな2人だからこそ持ちうるリズム感と発音による英語歌詞の歌。
そして美しく伸びやかな高音。
“イケメン”“アイドル”という枠では括りきれない、超実力派の歌い手である2人の歌はバラードで最大限力が発揮されるのではないだろうか。
そしてパフォーマンス。
パフォーマーは福本有樹、島田翼、ラップをこなす清水大樹。

島田翼
Photo by Kenichi Sasamori / Shigeo Kosaka

清水大樹
Photo by Kenichi Sasamori / Shigeo Kosaka

福本有樹
Photo by Kenichi Sasamori / Shigeo Kosaka

パフォーマー2人のダンスもボーイズグループの枠では括りきれないキレと美しさ。
まさにダンサーとして踊りで観客を魅了する。

そして楽曲中に挟まる清水のラップは低音で優しく響く声。
バラードにスパイスを加える。

楽曲も洋楽を思わせるカッコよく、大人なイメージの洗練された楽曲が多く、“アイドル”要素があるグループの楽曲からは一線を画している。

さらに、加えるなら全員イケメン。

そして2部は「いつものPrizmaXで!」と楽しそうに会場の端から端まで、後ろのスペースもステージ替わりにして会場中の観客のそばに近づいて行く。

Photo by Kenichi Sasamori / Shigeo Kosaka

ここでもファンクからアップテンポな曲まで、やはり“ボーイズアイドル”のクオリティではなく、洗練された洋楽のようなハイセンスでカッコ良いノリノリの曲が続く。

観客を煽りながら、全力で楽しそうな彼ら。いつの間にかこちらもPrizmaXの世界に引き込まれる。

最後、メンバーは口々に「応援してくれているみんながいるから」と感謝を口にし、8か月ぶりにライブに復活した森崎は「受け入れてもらえるか、怖くて心配だった」と語りながらも「PrizmaXはライブで生きるアーティスト。温かく迎えてくれて、ホームに帰ってきた感じ。僕のホームはここ。PrizmaXあっての森崎ウィンです」と改めてグループとファンの大切さと感謝を述べた。

PrizmaX、ここまで歌・パフォーマンス・イケメンさ…すべてにおいてハイクオリティのグループがいたとは。

2017年3月29日にファーストアルバムがリリースされる事が発表され、今後の活躍がますます期待されるPrizmaX。

森崎の「ライブで生きるアーティスト」という通り、恐らく見て損は無いパフォーマンスを披露してくれるはず。
ぜひ一度、彼らのパフォーマンスを楽しみに行ってみては?
そのクオリティの高さとさらにはイケメンさに、きっと魅了されてしまうはず。

PrizmaXホームページ
http://www.prizmax.tokyo/

関連するキーワード

iLIP_Staff

iLIPスタッフです。
俳優、アーティスト、アスリート、舞台、アイドル、アニメ…等など、今注目の「イケメン」に関するニュースやインタビュー、コラムをお届け!

登場いただく方が内に秘めてる「想い」や「情熱」、イメージとは違う「ギャップ」などそれぞれのフィールドで活躍される皆さんの魅力を様々な切り口でご紹介して、読者の皆様にお届けしていきます♡

▽ スタッフ紹介 ▽
・Sayu(30代)
推しメン:ユンホ(東方神起)、池松壮亮、荒木宏文、吉原シュート
ビール、深夜ラーメン、イケメンをこよなく愛するこじらせ30代(独身)
座右の銘:リア充?何それおいしいの?

・MiSoTaSo(20代)
推しメン:福士蒼汰、瀬戸利樹
休日はエステやマッサージに行って癒されてます♪

ピックアップ

アクセスランキング