第135回直木賞候補に選ばれた貫井徳郎のミステリー「愚行録」
世間を震撼させたとある一家惨殺事件がベースとなるが、犯人探しのみに興味を持って読むとさらに衝撃を受ける事になる。主題となるのは犯人探しだけではなく、「人間に根深い愚かさ」を浮き彫りにする不思議なミステリーだ。

未解決の殺人事件から1年、犯人の足取りをたどるべく新聞記者の田中(妻夫木 聡)は周辺の関係者に取材を行っていくが、彼らが語る中に見えてくるのは「嫉妬」「恨み」「駆け引き」「人間関係における秘められた羨望」など、人間の数々の「愚行」だ。
そこには善悪をはっきりと割り切れない“今の社会”の縮図が描かれ、観ている観客もきっと1つは身に覚えがある彼らの「愚行」に触れることで、いつのまにか「愚かさ」について考え、作品から突きつけられる。

今回は出演俳優の1人である俳優・中村倫也にインタビューを実施。
中村は自身の演じる殺害された妻・友季恵(松本若菜)と大学の同級生だった尾形について「ドロッとしたものを背負わず、世の中の男性が一番シンパシーを感じられる存在かも」と語っているが、そんな中村自身はこの映画に対してどのような魅力があると感じているのか。

▲インタビューに応えてくれた中村倫也

-完成された映画をご覧になられていかがでしたか?
タイトルの通り、人間の愚かさが良く出ている作品です。
1つの事件が軸にあり、そこに人間の愚かさがどんどん絡みついていくのですが、それが小さい見栄だったり、意地を張って凝り固まってしまっている感じだったり…この作品には「人間の愚かな部分」がたくさん見え隠れしています。

僕はこういう人間のダメな部分というか、人間臭い部分を観る事が実は結構好きなんですよ。
「あるよね、こういうこと」と共感したり、その滑稽さにニヤニヤしてしまったり。
この映画は普段はなかなか触れられない「人間の愚かな部分」が色々と垣間見られる映画だと思っています。

個人的には、ほとんどの登場人物は「素直になれよ」で済んでしまうような人たちばっかりだと思うんですが…。

そうなれなくて、色々な愚行をしてしまう。
映画をご覧になる方は、そういう人たちを見て自分に置き換えて「ドキッ」としたり、反面教師にしたり、そういう所を楽しんで頂いても面白いと思います。

個人的に気になったキャラは尾形の大学時代の彼女でもある淳子(臼田あさ美)。
学内で人気がある華やかな女性に嫉妬をしてしまったりしているんですが、「大丈夫だよ」って男目線から見ると守ってあげたくなっちゃうキャラクターですね(笑)

後は…僕のラクロス姿にぜひ劇中では注目して欲しいです(笑)
劇中に出てきますが、しっかり練習をしてかなり準備をしたので、愚行とはあまり関係はないのですが、観てもらえたら嬉しいです(笑)

-尾形という人物はドロドロした欲望や嫉妬はないながらも、完ぺきではない人間臭さやを上手く表している人物だと思います。何か役作りの上で気を付けられたところなどはどこですか?
男性から見た「生々しさ」を大切にして演じました。
あとは時を越えて大学時代とその十何年後を演じているので、その様の違いなどですね。

僕が尾形で好きな所は、「キーっ」って面倒くさくなってしまう女性に対しても男らしさの美学を持っているところ。
逆に尾形の人間臭さという点では、自分に気があると思った女の子は自分のものだと思ってしまうところ。
これはご覧になられているお客様も若い男ならではのブレがある感じや、若干の女々しさなど「あるある」と共感して頂ける「生々しさ」なんじゃないかなと思っています。
僕自身も、この不確かな感じは演じていて面白かったですね。

様々な男性が世の中、そしてこの作品の中にも存在していますが、僕個人としては、世の中の女性にはこういう情けなさを持ち合わせているところも含めて、尾形みたいな男をかわいがってもらいたいなと思いました(笑)

▲写真撮影中、自主的に取ってくれたおどけたポーズ。
インタビュー・写真撮影ともに茶目っ気たっぷりに臨んで下さいました

-今回の映画は「愚かさ」や「内に秘めた心の秘密」が描かれていますが、最近やってしまった中村さんの“愚行や秘密”は何ですか?
そうですね…最近買ったコートが思ったよりも大きかったんですが、それを無理してさもピッタリかのように見せながら着ていることですかね(笑)
-最後にこの記事を読まれている方に一言お願いいたします。
上質なミステリーと併せて、個人的には様々な人間ウォッチングができる作品だと思っています。
そこを見て、「バカだなあ…」と思いながら笑うも良し、自らを省り見ても良し、自由に楽しんでもらえると思います。
あと、やっぱり僕のラクロスシーンには是非注目をしてほしいです!(笑)

映画「愚行録」

2月18日(土)より丸の内ピカデリー 新宿ピカデリーほか全国公開
出演:妻夫木 聡、満島ひかり、小出恵介、臼田あさ美、市川由衣、松本若菜、中村倫也、眞島秀和、濱田マリ、平田 満
監督・編集:石川 慶

http://gukoroku.jp/

中村倫也プロフィール

1986/12/24生まれ 。東京都出身。
ドラマ:MBS/TBS「闇金ウシジマくんSeason3」、KTV・CX「お義父さんと呼ばせて」、TBS「下町ロケット」、映画:「星ガ丘ワンダーランド」(主演)、舞台:残酷歌劇「ライチ✩光クラブ」主演ゼラ、劇団☆新感線夏秋興行SHINKANSEN☆RX「Vamp Bamboo burn~ヴァン!バン!バーン!~」など、様々な話題の作品に出演をする若手実力派俳優の1人。

今後の出演情報
●映画「先生!」出演
監督:三木孝浩
出演:生田斗真 広瀬すず 竜星涼 森川葵 健太郎 中村倫也 比嘉愛未
2017年秋公開

●映画「3月のライオン」出演
監督:大友啓史
出演:神木隆之介 佐々木蔵之介 伊藤英明 加瀬亮 有村架純 他
公開:2017年3月18日(土)【前編】/4月22日(土)【後編】

関連するキーワード

iLIP_Staff

iLIPスタッフです。
俳優、アーティスト、アスリート、舞台、アイドル、アニメ…等など、今注目の「イケメン」に関するニュースやインタビュー、コラムをお届け!

登場いただく方が内に秘めてる「想い」や「情熱」、イメージとは違う「ギャップ」などそれぞれのフィールドで活躍される皆さんの魅力を様々な切り口でご紹介して、読者の皆様にお届けしていきます♡

▽ スタッフ紹介 ▽
・Sayu(30代)
推しメン:ユンホ(東方神起)、池松壮亮、荒木宏文、吉原シュート
ビール、深夜ラーメン、焼き鳥、イケメンをこよなく愛するこじらせ30代(独身)
座右の銘:リア充?何それおいしいの?

・MiSoTaSo(20代)
推しメン:福士蒼汰、瀬戸利樹
休日はエステやマッサージに行って癒されてます♪

ピックアップ

アクセスランキング