『月刊コミックゼノン』(ノース・スターズ・ピクチャーズ)にて連載中の「ちるらん 新撰組鎮魂歌」(原作梅村真也・作画橋本エイジ)の舞台化が決定した。

幕末、新撰組副長・土方歳三を始め魅力溢れる漢達の熱い友情や激しい命のやり取りを描いていく。

キャストは今年1月17日に初の日本武道館ライブを行うなど人気急上昇中の5人組ボーカル&ダンスグループ『Da-iCE』から、岩岡徹と花村想太。
沖田総司を徹 、土方歳三を想太が演じる。

またその他のキャストとしては、舞台を中心に活躍をする実力派俳優が揃っている。
「私のホストちゃん」や「若様組まいる」など多くの舞台でメイン出演している俳優・久保田秀敏、鮮やかな殺陣で多くの人を魅了し続ける俳優・早乙女友貴、ミュージカル『青春-AOHARU-鉄道』などの舞台で活躍する俳優・滝川英治、舞台俳優の活動とともに『Ash』としてアーティスト活動も行っている俳優・根本正勝、映像や舞台俳優として活動を続ける俳優集団D-BOYSの俳優・土屋シオンなど。

今回iLIPではDa-iCEの徹・想太のメインビジュアル撮影現場に潜入してきた。

ポーズ指導を受ける想太。真剣な表情でイメージとなる武士写真などを観ながらイメージを膨らませています。

仕上がった写真のチェック。真剣な表情で「こうした方が良いかな…」など自主的にポーズの改善の相談なども行っていました。

そして徹も撮影に加わります。
先に撮影をしていた想太が、刀の扱い方を徹にレクチャー。
スタッフも含め、たまに漫画を確認してイメージを膨らませていました。
想太は周りの雰囲気を和ませるように歌を歌ったり、積極的に色々なスタッフに話しかけ現場の空気をとても明るくしていました。
しかしひとたび撮影が開始されるとスイッチが切り替わったように、真剣な表情・少し狂気的な笑顔など様々な表情を作りだします。
一方徹は静かに集中をしながら気持ちを作っていた様子。撮影が始まるととても気迫のある目つきを見せてくれました。

普段はアーティストとして活躍する2人。
この日の写真撮影における表情つくりを観ただけでも、気迫満点。
実際のステージでどのような姿を見せてくれるのか、期待が高まる。

舞台「ちるらん」4/20~30 天王洲 銀河劇場(東京)で公演
アフタートーク日、キャストによるお見送り日もあり。
http://www.chiruran-butai.com/

関連するキーワード

iLIP_Staff

iLIPスタッフです。
俳優、アーティスト、アスリート、舞台、アイドル、アニメ…等など、今注目の「イケメン」に関するニュースやインタビュー、コラムをお届け!

登場いただく方が内に秘めてる「想い」や「情熱」、イメージとは違う「ギャップ」などそれぞれのフィールドで活躍される皆さんの魅力を様々な切り口でご紹介して、読者の皆様にお届けしていきます♡

▽ スタッフ紹介 ▽
・Sayu(30代)
推しメン:ユンホ(東方神起)、池松壮亮、荒木宏文、吉原シュート
ビール、深夜ラーメン、イケメンをこよなく愛するこじらせ30代(独身)
座右の銘:リア充?何それおいしいの?

・MiSoTaSo(20代)
推しメン:福士蒼汰、瀬戸利樹
休日はエステやマッサージに行って癒されてます♪

ピックアップ

アクセスランキング