3/22(水)に自身初のミニアルバムとなる「さくら〆じ」をリリースするほっこり系フォークデュオ・さくらしめじ。
今年の春から高校1年生になる田中雅功(たなか がく)と、髙田彪我(たかだひょうが)の2人からなり、真面目だけどほんわか、マイペースで一生懸命な2人の奏でるギターと優しいハーモニーが特徴となっている。
今回、iLIPそんなふたりの魅力がたっぷり詰まった自身初のミニアルバム「さくら〆じ」についてインタビューを実施。読者プレゼントにサイン入りチェキももらってきたので、是非記事の最後までチェックしてくださいね♪

田中雅功(たなか がく)/髙田彪我(たかだひょうが)

‟さくらしめじ“を丸わかりできるけど、新しい魅力を発見する事もできるアルバム。

-ミニアルバム「さくら〆じ」が出来上がっての感想を教えてください。

ミニアルバム「さくら〆じ」(2017/3/22発売)
左:初回盤 右:通常版

雅功:最初にミニアルバムをリリースする、という話を聞いた時は本当にうれしかったですね。初めてのミニアルバムということで、気合十分で臨みました! 完成してみると改めて、さくらしめじの魅力満載のミニアルバムになっていると思います!
彪我:完成して、本当に嬉しいです。これ1枚を聴いていただければ、僕たちさくらしめじのことが丸わかりなので、たくさんの人に聴いていただけたら嬉しいですね。
-この楽曲の中で特に思い入れの強い曲はどれですか?
雅功:4曲目の「いーでぃーえむ」という曲ですね。聴いていただくとよく分かるのですが、今までのさくらしめじにはない一面がこの曲にはあって。さくらしめじの新たな一面を皆さんにお見せできると思います。おわかりかもしれませんが「いーでぃーえむ」というタイトルは音楽のジャンルのEDMと枝豆をかけた曲なんですよ(笑)。
彪我:僕は一番最後の曲の「みちくさこうしんきょく」ですかね。この「みちくさこうしんきょく」は演奏面でも歌詞についても一番等身大の僕らに近く、一番さくらしめじ感がよく表現されていると思います。
-今回、制作をしていく中で新しく取り組んだこと、また新しい発見はありましたか?
雅功:このミニアルバムに入っている楽曲はライブでは歌ってきたけれど、CD音源にはなっていなかった曲ばかりなんです。今回、レコーディングをするにあたって1曲1曲と向き合うことで新たな曲の一面をたくさん見つけることができましたね。彪我の言うように「みちくさこうしんきょく」は等身大の僕たちの姿をお届けできる曲だと改めて感じました。

今までと大きく違うのは、「こんな風に歌ってね」と注文を頂いて歌っていたことが多かったのですが、今回は自分から積極的に「こんな歌い方はどうでしょう?」とスタッフの方に提案をしていきました。自分が描く曲のイメージやストーリーがより、自分の中で明確になっていきましたね。

彪我:僕も曲と向き合うことで見つけた新しい発見はたくさんありました。今回、特に感じたのが歌い方にほんの少しアレンジを加えただけで曲の印象が大きく変わるんだなと。

あとは自分から発信をする、ということを意識しながら取り組みました。特に5曲目に入っている「ゆめがさめたら」では歌詞を大切に感じてほしいので、歌詞が皆さんに伝わるようにより一層心を込めて頑張りました。
-このミニアルバムが完成したことを誰に一番先に伝えたいですか?
雅功:お父さんですかね…。小さい頃から何かあるとお父さんに相談していたくらい、お父さんのことを尊敬しているので。
彪我:うーん…やっぱり、家族でしょうか。ここまで、さくらしめじとして活動できたのも家族のおかげなので。これまでの集大成として伝えたいですね。

ガクの好きな本とは。ヒョウガが見つけたおいしい卵かけご飯アレンジとは。さくらしめじのほっこり等身大素顔♡

-最近はまっていることや趣味を教えてください。
雅功:読書です。伊坂幸太郎さんや七月隆文さん、最近では三秋縋さんの「三日間の幸福」を読みました。現実のお話だけど、どこかに夢とファンタジーが含んだお話が好きですね。
彪我:最近、ヘッドフォンとイヤフォンにはまっているんです。メーカーごとに音質が全然ちがうので、その違いを聴き比べするのが好きで。見た目も今はかっこいいものや可愛いものがたくさんあるので、見るだけでも楽しいですしね。
-最近の出来事で嬉しかったことと失敗してしまったことを教えてください。
雅功:嬉しかったことは1月にお誕生日を迎えたのですが、今までにないくらいたくさんの人に祝ってもらえたことですかね。ファンの皆さんや学校の友達、スタッフの方々などたくさんの方に「おめでとう」の言葉をいただけて本当に嬉しかったです。
失敗してしまったことは、朝、起きてベッドから降りる時に寝ぼけてハンガーを踏んでしまったことですかね…タンスに小指をぶつけてしまったくらい痛かったです(笑)

彪我:最近、新しい卵がけご飯の食べ方を見つけました! それが嬉しかったことですかね。柚子の調味料とガーリックソルトを卵がけご飯に入れて食べると美味しいんですよ。ぜひ、皆さんにやってみてほしいです!
失敗をしたことは1月1日の初詣に家族みんなで行って破魔矢を購入したんです。その帰りにラーメン屋さんでご飯を食べて帰ったんですけど…帰宅途中で購入した破魔矢がないことに気付いて、ラーメン屋さんに忘れてしまったという失敗を新年早々してしまいました(笑)
―ご自身の性格を一言表現するとどんな感じでしょうか
雅功:僕は意外と負けず嫌い、ですね。バスケなどスポーツをやっていたこともあって、結構負けず嫌いなんです。難しい難題もとりあえず挑戦したいって燃えちゃうんです。

彪我:僕はとにかくマイペースですね…マイペース過ぎて出かけるギリギリまで準備しています(笑)。
iLIP_Staff

iLIPスタッフです。
俳優、アーティスト、アスリート、舞台、アイドル、アニメ…等など、今注目の「イケメン」に関するニュースやインタビュー、コラムをお届け!

登場いただく方が内に秘めてる「想い」や「情熱」、イメージとは違う「ギャップ」などそれぞれのフィールドで活躍される皆さんの魅力を様々な切り口でご紹介して、読者の皆様にお届けしていきます♡

▽ スタッフ紹介 ▽
・Sayu(30代)
推しメン:ユンホ(東方神起)、池松壮亮、荒木宏文、吉原シュート
ビール、深夜ラーメン、焼き鳥、イケメンをこよなく愛するこじらせ30代(独身)
座右の銘:リア充?何それおいしいの?

・MiSoTaSo(20代)
推しメン:福士蒼汰、瀬戸利樹
休日はエステやマッサージに行って癒されてます♪

ピックアップ

アクセスランキング