18日、都内にて映画『3月のライオン(前編)』初日舞台挨拶が行われ、キャストの神木隆之介、有村架純、倉科カナ、染谷将太、清原果耶、佐々木蔵之介、豊川悦司、前田吟、板谷由夏、中村倫也、新津ちせ、監督の大友啓史が登壇した。
本作は、羽海野チカ原作の国民的人気コミック『3月のライオン』を、『るろうに剣心』シリーズの大友啓史監督が、神木隆之介を主演に迎え実写映画化。
親子、兄弟姉妹、友達、師弟など人と人を結ぶ愛を求めて、魂がぶつかり合う模様を2作に分けて描く。

「愛おしい人は?」神木隆之介&染谷将太が相思相愛!

映画のテーマの一つである、“愛”にちなんで、「愛おしい(=かわいい・気になる)」人を聞かれた神木は「僕は、染谷将太が愛らしいと思います!」と大きな声で告白。
神木は「いつも僕のほうが『染ちゃん』って呼びかけるほうなんですけど、二階堂は桐山に熱く接する。桐山のために泣いたり、一緒に喜んでくれたり、人の気持ちに寄り添える二階堂の人間性がステキで。それを演じる染谷が愛おしいです!」と笑顔で語った。
それに対して、染谷は、「照れます(笑) 神木君が朝の番組で『僕と共演したい』と語ってくれていたことがあって、思わずニヤッとしちゃいました」と明かし、はにかんだ笑顔を見せた。

また、同質問に対して、染谷も「もちろん神木君ですよ。相思相愛じゃないか」と神木に語り掛ける場面も。「よかった~」と神木がホッとした表情で答え、会場は温かい雰囲気に。さらに、染谷は「神木君はいつも現場で笑顔。彼の笑顔を見ると、僕もリラックスできる」としみじみ語った。その様子を見た有村は、「(染谷の隣に)場所変わる?」と気遣いを見せ、神木は「いいよ~」と照れ笑いで返した。

ほっこりエピソード満載!神木隆之介の寝顔、無邪気にはしゃぐ姿も。

キャスト陣からは、神木についての愛おしいエピソードが次々と出てきた。
倉科は、「撮影中、神木君がこたつでぽかぽか寝ている姿が愛らしくて」と、癒しオーラが出ていたというほっこりエピソードを披露。
他にも、中村は、「尾上君と神木君3人の休憩中に漫画の話で盛り上がったんです。その時、神木君が『漫画クイズをやろう!』とキラキラした目で提案してくれて。ゲームをしている最中の神木君は、まるで遊園地ではしゃぐ子どもみたいで愛おしかったです(笑)」と、明かしてくれた。

豊川は、「『天才子役』と呼ばれていた神木君が、いまは素晴らしい座長感を持って、スタッフやキャストの1人1人に笑顔を向けている。すごいなって思いました」と神木の主役として風格がある姿を絶賛。

白熱!チーム対抗、玉入れ対決も実施。

もう1つ作品テーマでもある「闘い」にちなみ、零&川本家チーム(神木、倉科、清原、前田、新津、板谷)と、プロ棋士(有村、染谷、豊川、佐々木、中村、大友監督)にわかれて、玉入れ対決を実施。
ステージ上から客席にある籠を目がけて、キャスト陣は楽しそうにボールを投げ入れた。籠に入らなかったボールは観客が持ち帰ることができるということで、直接観客に向けてボールを飛ばしてしまう場面もあり、盛り上がりを見せた。
白熱した戦いの末、零&川本家チームが勝利した。
最後に、神木から「みなさんのおかげで無事に初日を迎えることができて一安心ですが、まだまだ後編があります。2部作で1つの作品なので、後編も楽しみにしていただければ。今日は足を運んでいただいて、ありがとうございました」と感謝の気持ちで締めくくった。


映画『3月のライオン』(前編)公開中
http://www.3lion-movie.com/

後編は4/22(土)より全国ロードショー
iLIP_Staff

iLIPスタッフです。
俳優、アーティスト、アスリート、舞台、アイドル、アニメ…等など、今注目の「イケメン」に関するニュースやインタビュー、コラムをお届け!

登場いただく方が内に秘めてる「想い」や「情熱」、イメージとは違う「ギャップ」などそれぞれのフィールドで活躍される皆さんの魅力を様々な切り口でご紹介して、読者の皆様にお届けしていきます♡

▽ スタッフ紹介 ▽
・Sayu(30代)
推しメン:ユンホ(東方神起)、池松壮亮、荒木宏文、吉原シュート
ビール、深夜ラーメン、イケメンをこよなく愛するこじらせ30代(独身)
座右の銘:リア充?何それおいしいの?

・MiSoTaSo(20代)
推しメン:福士蒼汰、瀬戸利樹
休日はエステやマッサージに行って癒されてます♪

ピックアップ

アクセスランキング