人気ミステリー作家の東野圭吾がデビュー30周年の記念として、東野の人気作品である「ラプラスの魔女」が映画化することが決定した。
公開予定は2018年。

左:広瀬すず
右:福士蒼汰

本作は発売前から話題を巻き起こし、発行部数は28万部を突破。
また、原作権の獲得には12社が名乗りを上げたそうだ。

物語は地球化学の研究者である大学教授・青江修介(櫻井翔)が連続して起きた不可解な連続殺人事件を調査する事に。
青江は‟計画犯罪が化学的に立証可能かどうか判断”をするため、地球に存在する物質のデータを集めて、自然現象を探求する学問である地球科学学者として事件解明を依頼されたのだ。
そこへ青江の目の前で様々な自然現象を次々と言い当て、失踪した甘粕(福士蒼汰)という青年を探す円華(広瀬すず)と共に行動をする事に。
しかし警察から「不思議な力が備わっている」として疑われ出す円華、そして起こる第三の事件。
果たして真相はー。
本作の主演は、映画単独主演としては『神様のカルテ2』(14)以来約4年ぶりとなる櫻井翔。三池監督とは『ヤッターマン』(09)以来、実に約9年ぶりのタッグとなる。

そして、『チア☆ダン~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~』(17)など数多くのヒット作に主演として出演し続ける広瀬すず。

更に、主演として本年5月『ちょっと今から仕事やめてくる』(17)など数多くの作品が公開を控えている福士蒼汰。

監督は、『クローズ ZERO』(07)や『十三人の刺客』(10)など数々のヒット作を手掛け、今後も『無限の住人』(17)、『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』(17)など話題作の公開を多数控えている三池崇史。

脚本を担当するのは、社会現象となったドラマ「半沢直樹」(13)や「下町ロケット」(15)、映画『神さまの言うとおり』(14)などを手掛け、今最も勢いのある脚本家・八津弘幸が務める。

櫻井は本作の出演に際して「この度、青江修介役を務めさせて頂きます櫻井翔です。映画単独主演は4年ぶり。三池監督とご一緒させて頂くのは9年ぶり。東野先生の作品に出させて頂くのは14年ぶり。沢山の"久しぶり"に胸が高鳴ります。事件に、そして円華に翻弄される青江ですが、監督、そして共演の皆さまとの"大きな化学反応"を現場で起こして行きたいと思います」と意気込みを語っている。

また福士も「登場人物の裏の顔がとても興味深くて本の進みが止まらず、真相を知った後もそれぞれの心が気になって、その後を想像してみたくなりました。東野圭吾さんのミステリーは面白いものばかりなので、その世界に浸れることを楽しみにしています。演じる甘粕謙人の経歴は複雑ですが彼の気持ちは1つで、その気持ちに従っている。謙人の家族から見える家族関係、それに考えさせられることになると思います。お二人とは初共演ですが、櫻井さんは知的なイメージなので、研究者である青江のキャラクターがスッと頭に入ってきました。広瀬さんは十代とは思えないエネルギーがある印象で、ピュアさ・真っ直ぐさが円華とイメージがとても近いなと思いました。お二人との共演も今から楽しみです。三池監督作品に三度も出演させていただけるなんて嬉しい限りです。今回再び、監督の思考を感じ、皆さんと化学反応を起こしていければと思います。」と見どころ含めてコメントを寄せている。


関連するキーワード

iLIP_Staff

iLIPスタッフです。
俳優、アーティスト、アスリート、舞台、アイドル、アニメ…等など、今注目の「イケメン」に関するニュースやインタビュー、コラムをお届け!

登場いただく方が内に秘めてる「想い」や「情熱」、イメージとは違う「ギャップ」などそれぞれのフィールドで活躍される皆さんの魅力を様々な切り口でご紹介して、読者の皆様にお届けしていきます♡

▽ スタッフ紹介 ▽
・Sayu(30代)
推しメン:ユンホ(東方神起)、池松壮亮、荒木宏文、吉原シュート
ビール、深夜ラーメン、イケメンをこよなく愛するこじらせ30代(独身)
座右の銘:リア充?何それおいしいの?

・MiSoTaSo(20代)
推しメン:福士蒼汰、瀬戸利樹
休日はエステやマッサージに行って癒されてます♪

ピックアップ

アクセスランキング