15日、都内で『仮面ライダーエグゼイド』Blu-ray発売を記念して、エグゼイドのスタッフが集結するトークイベントが開催された。

この日のトークイベントでは、花家大我の過去が明らかになるスピンオフドラマ『仮面ライダースナイプ エピソードZERO』の第1話が上映。
その直後、花家大我役を演じる松本享恭がサプライズで登場。大盛り上がりとなった当日の様子をお届けしたい。
まずは、上映された『仮面ライダースナイプ エピソードZERO』の第1話を踏まえて、TVシリーズとは大きく印象の異なり、やさしい表情を見せる過去の花家大我についてのトーク。
「TVシリーズとは違う大我を演じるにあたって、難しい部分はあった?」という質問に対し、松本は「やるからにはしっかり差をつけたいと思って意識しました」と回答。

また、松本の役者としての魅力について聞かれると、大森プロデューサーは「今日観ていただいた過去の大我の方が、本人に近い。やわらかい芝居をしているのは、とても魅力的」と語り、鈴村監督は「過酷な撮影で大変な中、根性があって真面目なところが魅力」と語った。
続いて、「『仮面ライダーエグゼイド』で思い入れのあるシーンは?」という質問に、松本は「飛彩と大我が病室で掴み合うシーン」と回答。
「『仮面ライダースナイプ エピソードZERO』を撮った後だったので、いろいろ背負った後であの演技をできたので、すごくよかったです」と理由を語った。

「撮影現場の雰囲気は?」と聞かれると、「休憩時間は、わやわやしています。しゃべる言葉が聞こえないときがないくらい、ずっとしゃべり続けていますね」と答えるなど、ちょっとした裏話も。

トークが一区切りしたところで、来場者からの質問コーナーへ。いくつかの質問に登壇者が答えていく中、「医療をテーマに扱うにあたって、難しかったところは?」との質問。
これに対して松本は、「なんせ闇医者なんで」と言って会場を笑わせつつ、「現実の医療シーンは今まで出てきていないんですが、戦うことが病気を直すことなので、患者を救うという気持ちを持つようにしています」と答えた。

締めの挨拶では、『仮面ライダースナイプ エピソードZERO』は、本当に大我への愛を込めて演じました。これからも大我への愛を大切に演じていきます。ありがとうございました」とファンへのメッセージを送った。

フォトセッションでは、スナイプのポーズを披露。

左から、高橋悠也(仮面ライダーエグゼイド脚本)、高野水登(仮面ライダースナイプ脚本)、松本享恭(花家大我/仮面ライダースナイプ)、鈴村展弘(仮面ライダースナイプ監督)、大森敬仁(仮面ライダーエグゼイドプロデューサー)

「仮面ライダーエグゼイド Blu-rayCOLLECTION1」発売中
http://www.toei-video.co.jp/special/ex-aid/

関連するキーワード

iLIP_Staff

iLIPスタッフです。
俳優、アーティスト、アスリート、舞台、アイドル、アニメ…等など、今注目の「イケメン」に関するニュースやインタビュー、コラムをお届け!

登場いただく方が内に秘めてる「想い」や「情熱」、イメージとは違う「ギャップ」などそれぞれのフィールドで活躍される皆さんの魅力を様々な切り口でご紹介して、読者の皆様にお届けしていきます♡

▽ スタッフ紹介 ▽
・Sayu(30代)
推しメン:ユンホ(東方神起)、池松壮亮、荒木宏文、吉原シュート
ビール、深夜ラーメン、イケメンをこよなく愛するこじらせ30代(独身)
座右の銘:リア充?何それおいしいの?

・MiSoTaSo(20代)
推しメン:福士蒼汰、瀬戸利樹
休日はエステやマッサージに行って癒されてます♪

ピックアップ

アクセスランキング