動物ドラマの金字塔「猫侍」のスタッフが再集結して制作された映画『猫忍』が本日5/20より(土)より角川シネマ新宿ほか全国公開となった。

公開を記念して5月20日(土)に主演・大野拓朗と主役猫の金時、船越英一郎、佐藤江梨子、麿赤兒、藤本泉、渡辺武監督が登壇、人気映画コメンテーターの有村昆をMCに迎え初日舞台挨拶が行われた。
会場には、小さな子供からおばあちゃんまで年齢層広いお客さんが集まり、建物周辺にはまるで宝塚を彷彿させるような入り待ちをするファンの姿が。

さすがはNHK俳優といわんばかりの大野拓朗人気をうかがわせた。舞台挨拶の開始を今か今かと待ちわびるファンの興奮が伝わってくる中、初日舞台挨拶は始まった。
MCの有村は「今までいろんなネコ映画とかイヌ映画の歴史がある中でも、ネコだけとかイヌだけが出ているだけでよかったけれども、今の時代は“ネコ×○○”というようにどんどん進化して、リミックスのような映画の文化ができていると思います。「猫侍」につづいていよいよ『猫忍』という忍者の世界をどういう風に表現していくのか。テレビシリーズでしてきたふりを映画でちゃんと回収するという試みも一つの見所です」とアピール。

会場のボルテージも最高潮に達したところで、大野拓朗、船越英一郎、佐藤江梨子、麿赤兒、藤本泉、渡辺武監督が登場。
満員で埋め尽くされた会場から大きな拍手で迎えられた。
戸隠流忍法体術を特技に持つ有村から「オープニングのアクションが凄い。あのシーン大好きです。劇場版はかなりスタイリッシュなアクションやってますね」と褒められた大野は「アクションシーンはとても気に入っていて。この作品の好きな忍術は1番水遁の術が大好きで、あからさまにその竹筒の下に人がいないでしょ!(笑)って、とにかくクラシックな忍術がこの作品の売り。そこに注目して楽しんでもらいたい」と華麗なアクションと同時に笑える忍術に自信をのぞかせた。
ここでファン待望の主役猫・金時が着物姿で登場すると、会場からは割れんばかりの拍手と「かわいー!!」という歓声があがり、思わず登壇者たちも笑顔に。

すっかり慣れた様子で金時を抱きかかえた大野は久しぶりの対面に「愛おしいですね!可愛すぎる!」とほころんだ。
撮影中の金時について「金ちゃんは名優です。台本を読み込んできたんじゃないかって思えるくらい、台本に即した芝居しますし、鳴くタイミングがベストだった」とべた褒め。
最後に、大野は「敵もどこか抜けている所があって、愛らしい部分があってどこにも悪い人が出ていないんです。なので観ててほんとにゆっくりと日々疲れた心がほぐれていくような癒しの作品になっているので、気楽に見ていただいて金時の可愛さにニヤニヤしていただいて、劇場が大きな笑いで囲まれるくらい笑っていただいて日々の疲れをふきとばしていただけたらと思います」と締めくくった。

またフォトセッションでは、詰め掛けた大勢のマスコミのカメラマンの呼びかけに即座に反応してカメラ目線で対応したり、観客からの声援にこたえるかのように、テレビカメラに向かってニャーんと鳴いたりと、まさに神対応を見せた金時。大野と金時による会場のお練り歩きも行われ、大盛況の中イベントは終了した。
大野拓朗  佐藤江梨子 藤本泉 渋川清彦 鈴木福 ふせえり 永澤俊矢 / 柄本明  麿赤兒 / 船越英一郎   
(C)2017「猫忍」製作委員会

関連するキーワード

iLIP_Staff

iLIPスタッフです。
俳優、アーティスト、アスリート、舞台、アイドル、アニメ…等など、今注目の「イケメン」に関するニュースやインタビュー、コラムをお届け!

登場いただく方が内に秘めてる「想い」や「情熱」、イメージとは違う「ギャップ」などそれぞれのフィールドで活躍される皆さんの魅力を様々な切り口でご紹介して、読者の皆様にお届けしていきます♡

▽ スタッフ紹介 ▽
・Sayu(30代)
推しメン:ユンホ(東方神起)、池松壮亮、荒木宏文、吉原シュート
ビール、深夜ラーメン、イケメンをこよなく愛するこじらせ30代(独身)
座右の銘:リア充?何それおいしいの?

・MiSoTaSo(20代)
推しメン:福士蒼汰、瀬戸利樹
休日はエステやマッサージに行って癒されてます♪

ピックアップ

アクセスランキング