2012年より週刊少年ジャンプで連載中のシリーズ累計発行部数500万部を超える異色の大人気ギャグコメディ『斉木楠雄のΨ難』。
『銀魂』「勇者ヨシヒコ」シリーズを手掛ける福田雄一監督、山﨑賢人主演により、実写化される。

生まれながらに与えられたとんでもない超能力を隠して高校生活を送る、斉木楠雄が、妄想しまくり美女や、超能力でも気配が読めないぐらいのバカなど、ワケありのクラスメイトたちによって次々と災難に巻き込まれ、ついには地球滅亡の危機に面する、というストーリー。
ゲーム、アニメなど幅広く展開がなされ、テレビアニメはその人気ぶりから続編の制作がすでに決定、発表されている超人気作だ。

このたび、本作の予告映像が解禁となった。
予告編では、壁ドンするだけで校舎を崩壊させるほどのとんでもない超能力に恵まれた斉木楠雄が、たかが文化祭なのに地球滅亡の危機に見舞われるだけでなく、存在感抜群の普通じゃない仲間たちからの恋と友情の嵐に巻き込まれる、Ψ難だらけの様子が描かれている。

映画『斉木楠雄のΨ難』予告編 - YouTube

出典:YouTube

予告編を彩る主題歌は、ゆずの新曲「恋、弾けました。」。
福田監督が“この曲が映画の中で流れると思っただけでワクワクする”と絶賛するこの曲が、映像をさらにかつてない超エンターテイメントへと昇華させている。
なお、ゆずが実写映画の主題歌を担当するのは、「銀の匙 Silver Spoon」(2014年)以来、約3年半ぶり。
主題歌発表にあたり、コメントも公開されている。

■ゆず
20周年イヤー真っ只中、新曲も連続リリースしている僕たちですが、またしても新曲ができました!
今回の曲は、聴いていて脳内が弾けてアドレナリンが出まくる、アップテンポでサイキックで胸キュンなナンバーです。
原作も読ませていただき、作中から様々なヒントを得て、楽曲に反映させました。映画とともに、ぜひ「恋、弾けました。」も楽しんでください。それにしても、実写のクオリティが高い!

■福田雄一監督
正直、僕、音楽、詳しくないです!ハッキリ言って、全くナイスなコメントとか出来ません!
ただ!この曲、大好きですっっ!俺っっ!この曲が映画の中で流れると思っただけでワクワクします!
すみません!小学生みたいな感想で!ただ、大好きなんです!この曲!これですべてを理解して頂きたいです!

■麻生周一(原作)
実写斉木の主題歌をゆずがやってくれると聞いた時は「大の大人がこんなはしゃぐ?」ってくらい喜びました!!
昔っから大好きですよ!ちょうど一昨日ベストアルバム買ったよ!
中学生の頃ゆずが主題歌やってるからという理由で映画を観に行った事があるんですが、その頃の自分に教えてあげたい!
ともあれ20年間第一線で活躍するゆずが味方についてくれるなんてこれ程心強い事はありません!
劇場公開が本当に楽しみです!!!!


大人もついついはしゃいでしまうような楽曲と、ギャグコメディのコラボレーション、全編通して是非お楽しみいただきたい。


『斉木楠雄のΨ難』
10月21日(土)全国公開
出演:山﨑賢人、橋本環奈
   新井浩文、吉沢亮、笠原秀幸/賀来賢人、ムロツヨシ、佐藤二朗
   内田有紀、田辺誠一
原作:「斉木楠雄のΨ難」麻生周一(集英社「週刊少年ジャンプ」連載)
脚本・監督:福田雄一
主題歌:ゆず「恋、弾けました。」(セーニャ・アンド・カンパニー)
©麻生周一/集英社・2017映画「斉木楠雄のΨ難」製作委員会
saikikusuo-movie.jp

関連するキーワード

iLIP_Staff

iLIPスタッフです。
俳優、アーティスト、アスリート、舞台、アイドル、アニメ…等など、今注目の「イケメン」に関するニュースやインタビュー、コラムをお届け!

登場いただく方が内に秘めてる「想い」や「情熱」、イメージとは違う「ギャップ」などそれぞれのフィールドで活躍される皆さんの魅力を様々な切り口でご紹介して、読者の皆様にお届けしていきます♡

▽ スタッフ紹介 ▽
・Sayu(30代)
推しメン:ユンホ(東方神起)、池松壮亮、荒木宏文、吉原シュート
ビール、深夜ラーメン、イケメンをこよなく愛するこじらせ30代(独身)
座右の銘:リア充?何それおいしいの?

・MiSoTaSo(20代)
推しメン:福士蒼汰、瀬戸利樹
休日はエステやマッサージに行って癒されてます♪

ピックアップ

アクセスランキング