男たちの闘いと熱い友情ドラマを描き、日本中を熱狂させている「HiGH&LOW」プロジェクト。その新作となる「HiGH&LOW THE MOVIE 2 / END OF SKY」の公開に先駆け、今回は、数あるチームの中でも人気の高い鬼邪(おや)高校の番長・村山良樹役の山田裕貴、村山の右腕・古屋英人役の鈴木貴之、村山を慕う猛者・関虎太郎役の一ノ瀬ワタルにインタビュー!本作の見どころや、3人の揺るぎない絆について熱く語ってもらった。
―様々なところで鬼邪高のメンバー、特に山田さん、鈴木さん、一ノ瀬さんの3人が非常に仲が良いという話を聞くのですが、やっぱりそうなんですか?
山田・鈴木:そうだと思います。
―その関係性はテレビドラマ版の時から徐々に培われてきたものなのでしょうか?
山本:それもありますけど、ドラマのシーズン1で、うちのチームだけLDH所属の方がひとりもいなくて、最初に負けるチームだったので、なんか悔しいなってずっと思っていて。僕たちは3人ともエキストラからやってきた俳優なので、「じゃあやってやろうぜ」っていう雑草魂のようなものが、いい方向に生まれたのがきっかけですかね。逆にダークホースでいようっていう。

鈴木:期待されてないから「かましてやろう」みたいなね。

山田:当時、僕がチームの頭だと言っても「山田裕貴って誰?」って感じだったんですよ。だから、「あいつ誰だ?」にしてやろう、「鬼邪高ってすごい」って言わせてやろうという気持ちで、3人で色々話し合いながらやっていたら、いつのまにかただの共演者ではなくなっていましたね。仲のいい俳優さんを聞かれたら僕は2人の名前を挙げるようになりました。
―本作では演技について改めて話し合いなどはしたんですか?
鈴木:劇場版が終わった後で、今回はちょっと期間が空いたんですけど、特には…。安心して演じられるし、すごくやりやすいですからね。便りになると思うことはあっても、要求することもないですし。

山田:話し合いというよりは、例えば古屋と関のアクションシーンがあったら、戦い方が面白いなとか、鬼邪高の活躍の場があってよかったなとか思いながら、僕は離れたところで眺めている感じです。

鈴木:方向性のようなものはすでに嫌というほど話してきたし、僕たちの根底には鬼邪高愛があるので、そこに沿うようにやっていたら、もうそれが役になっているというか。シーンを重ねれば重ねるほど村山らしさ、古屋らしさ、関らしさも浮き彫りになってきますし。

山田:干渉することもないですし、そのままでもう“鬼邪高”なんですよね。

一ノ瀬:俺は最初、古屋とはギスギスしてたけど、シーズン2を経て仲良くなったら、プライベートでもどんどん仲良くなりましたからね。本当にそのままっていうか。

山田:自由度の高い現場なので、僕たちのアイデアはけっこう受け入れてもらえるんですよ。だからキャラづくりも自分たちでやっているし、3人とも台本に書いていないことをよくやっているんです。村山を飄々とさせたのも、多分どっしり演じる頭の人がほとんどだろうなと思ったからで…。

鈴木:それが多いよね。

山田:あっかんべーもそうだし。

鈴木:僕たちはそれを後ろで見ながら、「山田裕貴、かますぅ!」って思ったりして。

一ノ瀬:台本にないアドリブはめちゃくちゃ多いっすね。でも、この2人が何をしても俺は対応できますし、それは2人も同じだと思います。
―プライベートではどのくらい親しくされているんですか?
鈴木:一緒に買い物にも行きますし、銭湯も行きますし、お茶もするし…なんだろうね?普段、プライベートでは役者仲間とは一緒にいないんですけど、シーズン1の時から3人一緒なので、仲がいいって言うのが恥ずかしいくらい仲はいいですね。僕の中では一緒にいるのがあたり前みたいな感じです。
―役によっては、プライベートでは距離を置く方がいいという役者さんもいると思うのですが。
一ノ瀬:俺は最初に役者は個人競技だから他の役者と仲良くする必要はないって教わったので、ずっと個人主義だったんですけど、この3人でやるようになって、チームワークができた上で芝居をするとさらにいいものができるということを学びました。

鈴木:一ノ瀬さん、それずっと言ってましたよね。でもチームワークって絶対あると思いますし、プライベートでのつながりも大事だと思います。

山田:うん、仲の良さで絶対芝居って変わると思う。僕は役柄で相手との接し方を変えることはしないですけど、この2人とは特に深く関わっているし、2人の芝居を見ていて純粋に面白いなって思ったりするので、一緒にやっているのがこの2人でよかったなと思っています。
―それでは最後に、本作の見どころと、楽しみにされている方へメッセージをお願いします。
鈴木:映像作品はけっこう見ている方だと思いますけど、やっぱりアクションはすごいと思います。

山田:参加している立場から見ても、日本映画で一番だと思います。セットも「遊園地に来たのかな?」みたいな感じですし。

鈴木:女性にも楽しんでもらえるのではないでしょうか。あと女性は、レディースチームの苺美瑠狂(いちごみるく)さんたちのような気持ちで見てもらうと見やすいのかも。

山田:アクションだけじゃなくてストーリー性もある作品なので、そこも見てもらったらおもしろいと思います。僕は達磨一家の(林遣都演じる)日向ちゃんと今回初めて話したんですけど、「END OF SKY」では新たな絡みもあったりするので、そこも楽しみにしていただけたらと。

一ノ瀬:俺は見どころっていうか、「HiGH&LOW」を観たことがない人にはまずシーズン1から観てほしいっす。

鈴木:今はそういう話じゃないから(笑)。

山田:「END OF SKY」の見どころだから(笑)。でも、シーズン1から全部観てもらったら、鬼邪高だけじゃなく他のチームの成長もわかると思いますし、「END OF SKY」につながる話になっているので、メッセージとしては合っていると思います。

一ノ瀬:よかった、間違ってなかったっすね。

鈴木:「HiGH&LOW」の統一されている世界観の中で、そこにはないような雑草魂や男くささ、人間っぽさ、それから笑いの要素も請け負っているという自覚を持ってやっていますし、鬼邪高の中にもヒューマンドラマがあるので、そこがもっと広がって多くの方に見てもらえたら嬉しいですね。

山田:…俺今日、鬼邪高おもしろいって言いすぎたな…。

鈴木・一ノ瀬:(笑)。


映画「HiGH&LOW THE MOVIE 2 / END OF SKY」8月19日(土)より公開
http://high-low.jp/themovie/

プロフィール

山田裕貴
1990年9月18日生まれ。愛知県出身。
主な出演映画は「ホットロード」「ストロボ・エッジ」「トモダチゲーム 劇場版」「闇金ドッグス」など。公開待機作に「二度めの夏、二度と会えない君」「亜人」「あゝ、荒野」などがある。

鈴木貴之
1990年2月21日生まれ。京都府出身。
2013 初代Mr・JAPANグランプリ受賞。主な出演作は、映画 初主演「便利屋エレジー」、「…and LOVE」テレビドラマ「ダメな私に恋してください」「ごめんね青春!」など。

一ノ瀬ワタル
1985年7月30日生まれ。佐賀県出身。
主な出演作はテレビドラマ「あすなろ三三七拍子」「破門(疫病神シリーズ)」、映画「クローズEXPLODE」「新宿スワン」シリーズ、「闇金ウシジマくん Part3」など。
iLIP_Staff

iLIPスタッフです。
俳優、アーティスト、アスリート、舞台、アイドル、アニメ…等など、今注目の「イケメン」に関するニュースやインタビュー、コラムをお届け!

登場いただく方が内に秘めてる「想い」や「情熱」、イメージとは違う「ギャップ」などそれぞれのフィールドで活躍される皆さんの魅力を様々な切り口でご紹介して、読者の皆様にお届けしていきます♡

▽ スタッフ紹介 ▽
・Sayu(30代)
推しメン:ユンホ(東方神起)、池松壮亮、荒木宏文、吉原シュート
ビール、深夜ラーメン、イケメンをこよなく愛するこじらせ30代(独身)
座右の銘:リア充?何それおいしいの?

・MiSoTaSo(20代)
推しメン:福士蒼汰、瀬戸利樹
休日はエステやマッサージに行って癒されてます♪

ピックアップ

アクセスランキング