2010年に誕生し、女性たちから熱狂的な支持を集めているシリーズ「メサイア」
現実とは異なる日本を舞台に、情報戦争の中、目指すべき死に様から通称“サクラ”と呼ばれる国籍も戸籍も抹消されたスパイの候補生たちの物語だ。
任務に失敗したら助けてもらえず、サクラ同士友人になる事も禁止され、常に死や孤独と隣り合わせでスパイ任務に挑む中、唯一の心の頼りは、サクラ同士の相方として許されるただ1人の存在「メサイア」だけ。

国家同士の様々な思惑によるサスペンス、そこから起こる闘いやアクション。
そして死と孤独、極限の中で交わされる「メサイア」同志の心や魂のドラマ。

1つの要素では括りきれない多くの魅力を持った本作の新作舞台「悠久乃刻」が8/31から開幕している。
今回はシリーズが始まった当初は新人としてサクラ候補生になっていた有賀涼(井澤勇貴)と加々美いつき(杉江大志)が主役となり、サクラ候補生の卒業ミッションに挑んでいく。
今回の作品はこれまでの作品史上、もっとも辛い試練が2人を襲っているといっても過言ではない。
2人は大きく信頼しあい、お互いを心の底から「メサイア」として気持ちを寄せ合っているが、2人の気持ちとは意図しない所で、様々な策略と思惑に巻き込まれて行き、お互いに対して残酷な運命が待ち受けている。
残酷な現実の中で生き抜く2人だからこそ、殊勝に、純粋すぎるほど純粋に、お互いを拠り所とし、必要とする2人。だからこそ「相手を傷つける事になろうとも」「自分の命がどうなろうとも」「相手が持たなければならない苦しみを、一緒に分かち合いたい」「自分よりも、相手を救うために」…過酷な運命が襲い掛かった時、どんな方法を取っても、自分のメサイアを必要とし、守ろうとする姿に、観ている観客は心が押しつぶされそうになるはず。

これはどんなに珠玉なラブストーリーも、熱い友情物語よりも、もっと深い所にある、恋愛や友情を超えた「魂で繋がった2人の物語」となっている。それらに触れた際、きっと、今までにないような、心が震える体験をするはずだ。
そうした世界観を醸し出しているのは、ストーリーもさることながら、この世界の中で生きる井澤と杉江の2人が、まさに「有賀」と「加々美」として観客の目の前に「生きて、存在している」からこそ生みだせているリアリティも見逃せない。
彼らは4年間、自身の成長と共に本作を歩んできたとの事で、様々な想いが本作には詰まっている。
だからこそ”卒業ミッション”という大きな節目を迎えた今回、観客の心を突き動かすような大きなエネルギーを発する事ができているのかもしれない。

さらに今回は前作から登場した新しいキャラクターの過去や、それぞれが持つ苦悩など「人間くささ」も少しづつ垣間見えてきており、「敵」「味方」と白黒はっきり分けず、絶妙な複雑さも入り交じりながら、より深みと奥行きのあるストーリー展開がなされている。
有賀と加々美は、無事に卒業ミッションを果たせるのか。そしてどのような道を選ぶのか。
これでもかと迫りくる、残酷な運命に対して、2人はどう立ち向かうのか。

このまたとない空間と感動は、是非エンタメ好きなら味わうべきだと強くお勧めしたい

舞台「メサイア-悠久乃刻-」8月31日から9月10日まで東京・銀河劇場(天王洲)にて公演中。
http://messiah-project.com/yukyu/index.html

フォトギャラリ―

iLIP_Staff

iLIPスタッフです。
俳優、アーティスト、アスリート、舞台、アイドル、アニメ…等など、今注目の「イケメン」に関するニュースやインタビュー、コラムをお届け!

登場いただく方が内に秘めてる「想い」や「情熱」、イメージとは違う「ギャップ」などそれぞれのフィールドで活躍される皆さんの魅力を様々な切り口でご紹介して、読者の皆様にお届けしていきます♡

▽ スタッフ紹介 ▽
・Sayu(30代)
推しメン:ユンホ(東方神起)、池松壮亮、荒木宏文、吉原シュート
ビール、深夜ラーメン、イケメンをこよなく愛するこじらせ30代(独身)
座右の銘:リア充?何それおいしいの?

・MiSoTaSo(20代)
推しメン:福士蒼汰、瀬戸利樹
休日はエステやマッサージに行って癒されてます♪

ピックアップ

アクセスランキング