岡山県のご当地映画『桃とキジ』(9月9日〜シネマート新宿にて他全国順次公開)で、主人公を支える同級生・キジ役を演じた、元・MENS’NONNOモデルの弥尋(みひろ)、木ノ本嶺浩らが登壇する初日舞台挨拶がシネマート新宿で行われた。
「桃太郎」を岡山の保育園で演じたのがきっかけで、女優を目指し上京するも上手くいかず、父が亡くなってから5年故郷に帰れていなかった女性が、母親が父の死後一人で切り盛りする帽子店を畳むことを知り、帰郷して自身や家族、郷土の友人との絆を見つめ直すハートフルストーリー。
主人公・桃を演じるのは、本作が映画主演デビューの櫻井綾。主人公を支える同級生・キジ役は、元・MENS’ NONNOモデルで、現在は俳優業に専念をしている弥尋(みひろ)。その他、主人公に親子の絆を思い出させる亡き父親役で、『踊る大捜査線』シリーズなどの岡山県出身の甲本雅裕、厳しくも影で主人公を支える母親役でベテランの手塚理美が脇を固める。
東京での初日舞台挨拶に、キジこと秋山洋介役の弥尋、サルこと山口海人役の木ノ本嶺浩、イヌこと岸本成多役の北村友彦、監督を務めた喜多一郎、フォトセッションに、岡山を代表するヒーローの桃太郎をアレンジして誕生した岡山県マスコット「ももっち」と、映画のキャラクター「岡山桃太郎くん」が登壇した。
映画の成り立ちを聞かれた監督は、「去年の2月に岡山のプロデューサーを紹介して頂き、吉備津神社に行ったら、感じるものがあり、ここでだったら素敵な映画が撮れるなと思いました。」と話した。

そして、「この映画は、主人公・桃の挫折と成長の物語になっていますが、この物語にはどのような想いを込められているんですか?」と聞かれ、「今の時代なかなか夢が叶えにくくて、すぐ挫折してしまう人が多いけれど、決して負けることがダメなのではなく、諦めなくちゃうのがダメだというメッセージを受け取ってほしい」と答えた。
「そんな想いの詰まった脚本を読んで、どう思ったか。どう役作りをしたか」と聞かれ、弥尋は、「本読みの時に、桃役の櫻井綾さんに桃がキジの何を好きになるのかわからないと言われ、そこを意識して演じました」と答え観客からは笑いが漏れた。
木ノ本は「監督に『土着的な人間が欲しい』と言われ、土地の人ということを意識してやりました。台本の台詞は岡山弁ではなかったけれど、イヌ役の北村くんに初めて会った日に一緒にご飯を食べに行って、北村くんに岡山弁を教わりました」と撮影時のエピソードを語った。
岡山でのおすすめスポットについて聞かれると弥尋さんは「吉備津神社が気持ち良かった」。木ノ本は「岡山後楽園に行って、岡山城に登り、岡山の街を見ました。岡山の自然は、この物語を包んでくれていると思っていて、撮影前に自然に触れられて良かったです」と答えた。
最後に監督は、「この三人が出るシーンでハードなシーンもあるので、じっくり見てください。また、岡山の素敵な場所が沢山出てくるので、岡山の良さを再発見して頂き、モチーフの桃太郎伝説をどう生かして新しいストーリーになっているかを楽しんで頂ければと思います」とメッセージを送った。

映画「桃とキジ」予告 (30秒) - YouTube

出典:YouTube

『桃とキジ』
9/9(土)よりシネマート新宿にて1週間限定レイトショー。他全国順次ロードショー
http://momotaro-kun.com/




関連するキーワード

iLIP_Staff

iLIPスタッフです。
俳優、アーティスト、アスリート、舞台、アイドル、アニメ…等など、今注目の「イケメン」に関するニュースやインタビュー、コラムをお届け!

登場いただく方が内に秘めてる「想い」や「情熱」、イメージとは違う「ギャップ」などそれぞれのフィールドで活躍される皆さんの魅力を様々な切り口でご紹介して、読者の皆様にお届けしていきます♡

▽ スタッフ紹介 ▽
・Sayu(30代)
推しメン:ユンホ(東方神起)、池松壮亮、荒木宏文、吉原シュート
ビール、深夜ラーメン、イケメンをこよなく愛するこじらせ30代(独身)
座右の銘:リア充?何それおいしいの?

・MiSoTaSo(20代)
推しメン:福士蒼汰、瀬戸利樹
休日はエステやマッサージに行って癒されてます♪

ピックアップ

アクセスランキング