2017年10月7日、舞台『危険な関係』の公開ゲネプロが渋谷・Bunkamuraシアターコクーンで行われた。
本作は、世界各国で映画化・ドラマ化されている恋愛心理小説が原作。
パリの華麗なる社交界に君臨する妖艶な未亡人メルトゥイユ侯爵夫人(鈴木京香)は、かつての愛人ジェルクール伯爵への恨みから、その婚約者セシル・ヴォランジュ(青山美郷)の純潔を踏みにじろうと稀代のプレイボーイであるヴァルモン子爵(玉木宏)に助力を求める。

しかしヴァルモンは、叔母ロズモンド夫人(新橋耐子)のもとに滞在している貞淑なトゥルヴェル法院長夫人(野々すみ花)を誘惑しようとしているところで、その依頼を断る。

ところがセシルの母ヴォランジュ夫人(高橋惠子)こそが、トゥルヴェル夫人に彼を非難し近づいてはならぬと忠告していることを知り、ヴォランジュ夫人への復讐を決意、メルトゥイユ夫人の計画にのる。

一方、清純なセシルは純粋な若き騎士ダンスニー(千葉雄大)と恋に落ちていた。そこにメルトゥイユ夫人の策略が、そしてヴァルモンはトゥルヴェル夫人を誘惑に……。

プレイボーイの子爵×策略家の侯爵夫人が仕掛ける、スリリングな”背徳の恋愛ゲーム”となっている。

モダンな舞台セット、煌びやかな衣装、鍛え上げられた肉体…非の打ちどころのない美しさに心を奪われる

この舞台でまず注目すべきは、圧倒的なビジュアルの良さだ。
舞台セットは、スタイリッシュでモダンなつくり。そこで、玉木宏は美しい肉体を、女性キャストは美しい衣装を、終始惜しみなく披露する。
原作は18世紀末のパリが舞台だが、セットや演出にも現代的な要素が入り、おしゃれでアーティスティックな舞台にまとめ上げられていた。

モノトーンのスタイリッシュな舞台。

上半身の肉体美

玉木演じるプレイボーイのヴァルモン子爵は、舞台上で優雅に歩き、流れるように言葉を発し、女性を口説いていく。妖艶な表情や、何かを企む表情、男を感じさせる表情など、シーンや相手によってコロコロと変わる雰囲気に、ついつい目を奪われてしまう。
また、着替えシーンや濡れ場も多く、要所要所で晒されるその鍛え上げられた肉体も見どころだ。この役はきっと玉木にしかできないと思わせるような魅力がギュッと詰まっていた。

撮影:細野晋司

撮影:細野晋司

一方、千葉演じる若き騎士ダンスニーは元気でかわいらしく、思いを寄せるセシルの話題に目を輝かせる姿が印象的だ。そんなダンスニーも、話が進むにつれ雄々しい表情や狂おしいほどの感情の高ぶりを見せる。

撮影:細野晋司

撮影:細野晋司

舞台では、愛と憎しみの間で相手を翻弄し、翻弄されるさまざまな人間模様が描かれる。どんなに酷いと思ってもなぜか腑に落ちてしまう、登場人物の心の動きや関係性が絶妙に表現されており、玉木宏演じるヴァルモン子爵と千葉雄大演じるダンスニーの緊迫の対決シーンや、2つ、3つとある驚きの展開など、全編を通して目が離せないシーンばかり。
会話もテンポよく繰り広げられ、約2時間半の上演時間はあっという間だった。

男性が見ても、女性が見てもどこか思い当たるところがあるストーリー

ゲネプロ前の囲み取材には、玉木宏、千葉雄大、高橋惠子の3名が登壇。
舞台が4年ぶりの玉木と6年ぶりの千葉は、過去2回映像で共演し、今回で3回目の共演となる。高橋はそんな2人を「とても仲良しですね」と笑顔で語る場面も。

舞台上で曝け出される玉木の上半身について、高橋は「こんなに美しい裸は初めて見た」と大絶賛。「本当に見ていただいたほうがいいと思います。本当に無駄なものがなく、しなやかで力強くて、ちょうどいい具合に筋肉がついていて…」と、世の女性にアピールした。

また、玉木が役作りについて「言葉巧みに周囲の人をコントロールするので、まずは容姿よりも内面的なことを。僕自身がヴァルモンをコントロールする方が難しいと思ってやっていました」と述べると、高橋は「無意識かもしれないけれど、本当に女性を夢中にさせる目をしていた。それは芝居ではできない、玉木さんの特性ですね」とまたまた絶賛。千葉も「男でも目で殺されそう」と、玉木の魅力に引きこまれている様子だ。

そんな千葉は玉木に負けないものを聞かれ、「笑い」と回答。玉木は「振られたら、期待以上に応えようっていう心がある」と言い、高橋も「こんなに素敵な感じの人なのに、こんなことしちゃうんだっていうおもしろさがある」と、千葉の意外な一面を披露した。

舞台の見どころについて、玉木は「作品を知っている方も当然いるけど、今まで見たこともないようなスタイルになっている」と語り、千葉は「難しいお話だけど、伝えるところは伝え、笑えるところは笑ってもらえるようにがんばりたい」とコメントした。

シアターコクーン・オンレパートリー2017 DISCOVER WORLD THEATRE vol.2『危険な関係』
【キャスト】玉木宏 鈴木京香 野々すみ花 千葉雄大 青山美郷 佐藤永典 土井ケイト 新橋耐子 高橋惠子 冨岡弘 黒田こらん
【公演日程・場所】
東京公演:2017年10月8日(日)~31日(火)Bunkamuraシアターコクーン
大阪公演:2017年11月8日(木)~14日(火)森ノ宮ピロティホール
【公式HP】 http://www.bunkamura.co.jp/cocoon/lineup/17_dangerous/

関連するキーワード

iLIP_Staff

iLIPスタッフです。
俳優、アーティスト、アスリート、舞台、アイドル、アニメ…等など、今注目の「イケメン」に関するニュースやインタビュー、コラムをお届け!

登場いただく方が内に秘めてる「想い」や「情熱」、イメージとは違う「ギャップ」などそれぞれのフィールドで活躍される皆さんの魅力を様々な切り口でご紹介して、読者の皆様にお届けしていきます♡

▽ スタッフ紹介 ▽
・Sayu(30代)
推しメン:ユンホ(東方神起)、池松壮亮、荒木宏文、吉原シュート
ビール、深夜ラーメン、焼き鳥、イケメンをこよなく愛するこじらせ30代(独身)
座右の銘:リア充?何それおいしいの?

・MiSoTaSo(20代)
推しメン:福士蒼汰、瀬戸利樹
休日はエステやマッサージに行って癒されてます♪

ピックアップ

アクセスランキング