世界23ヵ国・500都市で上演され、世界観客動員700万人を突破した和太鼓エンターテイメント集団「DRUM TAO(ドラムタオ)」が、アーティスト総出演の最大規模で、2018年1月18日(木)から20日(土)までBunkamuraオーチャードホールにて上演を実施する。
「ドラムロック 疾風」は、“ROCK”のビートを、美しくも圧倒的な和太鼓パフォーマンスで表現する新感覚の舞台。

加えて、TAOのパフォーマンスと映像クリエイティブ集団「ZERO-TEN」によるプロジェクションマッピングの融合、さらには、コシノジュンコによる衣装がTAOの舞台を最先端のモードに彩り、一時代を画すエンターテイメントとして話題を呼んでいる。

DRUM TAO PromotionVideo - YouTube

出典:YouTube

また様々なジャンルからもオファーを受けてコラボレーションが実現しており、歌舞伎(片岡愛之助、市川染五郎 など)、J-POP(EXILE USA など)、アイススケート(髙橋大輔 など)らエンターテイメント業界からも注目を集めている。

その完成度の高さから、国内はもちろん、2004年に海外進出、2017年5月時点で、世界23ヶ国・500都市にて上演、世界観客動員は700万人を突破。
また、2016年のオフ・ブロードウェイ公演の成功を受け、ブロードウェイに常設ステージを始める企画も始まるなど、世界の観客に衝撃を与えてきた。
2017年春から“ロック”をテーマに掲げた新作で全国ツアー「ドラムロック 疾風」、そして海外で公演をおこなってきたが、2017年の総集編ともいえる凱旋公演が今回発表された公演となる。

DRUM TAO「2018新春 ドラムロック 疾風 総出演」
日程:2018年1月18日(木)~ 20日(土)※全4回公演
会場:Bunkamuraオーチャードホール
http://www.drum-tao.com/

関連するキーワード

iLIP_Staff

iLIPスタッフです。
俳優、アーティスト、アスリート、舞台、アイドル、アニメ…等など、今注目の「イケメン」に関するニュースやインタビュー、コラムをお届け!

登場いただく方が内に秘めてる「想い」や「情熱」、イメージとは違う「ギャップ」などそれぞれのフィールドで活躍される皆さんの魅力を様々な切り口でご紹介して、読者の皆様にお届けしていきます♡

▽ スタッフ紹介 ▽
・Sayu(30代)
推しメン:ユンホ(東方神起)、池松壮亮、荒木宏文、吉原シュート
ビール、深夜ラーメン、イケメンをこよなく愛するこじらせ30代(独身)
座右の銘:リア充?何それおいしいの?

・MiSoTaSo(20代)
推しメン:福士蒼汰、瀬戸利樹
休日はエステやマッサージに行って癒されてます♪

ピックアップ

アクセスランキング