9日、都内にて映画『光』のプレミアムイベントが実施され、井浦新、瑛太、長谷川京子、橋本マナミ、大森立嗣監督が登壇した。
11月25日(土)の全国公開に先駆け、映画『光』のプレミアイベントが行われた。
本作は、三浦しをんの小説で人気の作品を、『さよなら渓谷』、『まほろ駅前』シリーズの大森立嗣監督の手により映画化。かねてからの競演を望んでいた井浦新と瑛太の狂気と怪物性、そして長谷川京子、橋本マナミの色気と母性がスクリーンに吸い込まれるような熱情を放ち、苛烈なる人間ドラマが描かれる。
本作で初共演となる井浦と瑛太。長年、瑛太と共演を望んでいた井浦は、「愛してやまない人でした」と瑛太への思いを告白。
「瑛太くんと、お互いの内面を削りあってぶつかりあえるような作品を、いつかやらしていただきたい」と大森監督に直訴していたという新は、瑛太と共演すると知ったときは「撮影前はワクワクしていて、撮影が始まると現場に行くのが嬉しくて、今日は二人で何ができるんだろう」と瑛太との日々を振り返った。
それに対して瑛太も「俳優になる前にモデルをやっていたんですけど、その頃からカリスマの新さんだったので、とにかく尊敬していましたし、大好きな先輩ですし、嬉しい喜び、それから緊張、それから胸のざわめきが生まれました」と新への尊敬の思いを語った。
井浦と瑛太の初めて撮影シーンは、幼馴染の二人が25年ぶりに再会するというシーン。「ゆきにぃー!」(井浦の役名の愛称)と瑛太が呼びかけるシーンでは「新さんと芝居ができるぞ!」という嬉しさで思わず声が大きくなってしまったことを明かし、「そこから新さんと私の伝説が始まりました」と二人の親密さを語る。
「お互いにあのシーンは想像していたものと全く違うものが出てきてしまって」と井浦も同調し、井浦と瑛太の初共演シーンは想定外の勢いがあるものになったと語った。

そんな二人の様子を撮影中ずっと見守っていた大森監督は瑛太の公開中の映画とかけて「『ミックス』よりもミックスしてるな」と表現し、井浦と瑛太が草むらでじゃれあい倒れこむシーンについて、「なんであんな顔近いの?」「あれ、キスしちゃうの?」と思うくらい二人の顔が近かったと言うと、井浦は「好きすぎなんだと思います。瑛太くんを。」と熱い思いを告白。

橋本は本作を「芝居の戦場みたいな映画」と表現し、相手と対峙シーンでは井浦と瑛太に助けられたと語った。
そしてクランクインしてすぐに瑛太との激しい絡みのシーンの撮影であったことについて「緊張はあったんですけど、きっと瑛太さんはそういうシーンはたくさんやられているから、任せようと思って臨んだんです。そしたら終わったあとに『こんな激しいの初めてだった』といわれて」と話題のシーンの裏側を明かした。


最後に、キャストのそれぞれに本作に出演したことでの変化や発見について聞かれ、井浦は「一秒たりとも頭で考えた芝居なんてひとつもなくて、本能のままに感じたままをそれぞれの共演者の方たちとやらせていただいて。そんな本能のままに芝居をやらせてもらえることなんて、ほぼないことだったりするんです。そんなお芝居ができた作品っていうのは間違いなく宝物のような作品になったなと思います」、瑛太は「久しぶりに楽しかったです。やっぱお芝居って面白いんだなってことを感じたってことですかね。それが僕の収穫」とそれぞれの思いを語り、完成披露舞台挨拶は幕を閉じた。

関連するキーワード

iLIP_Staff

iLIPスタッフです。
俳優、アーティスト、アスリート、舞台、アイドル、アニメ…等など、今注目の「イケメン」に関するニュースやインタビュー、コラムをお届け!

登場いただく方が内に秘めてる「想い」や「情熱」、イメージとは違う「ギャップ」などそれぞれのフィールドで活躍される皆さんの魅力を様々な切り口でご紹介して、読者の皆様にお届けしていきます♡

▽ スタッフ紹介 ▽
・Sayu(30代)
推しメン:ユンホ(東方神起)、池松壮亮、荒木宏文、吉原シュート
ビール、深夜ラーメン、焼き鳥、イケメンをこよなく愛するこじらせ30代(独身)
座右の銘:リア充?何それおいしいの?

・MiSoTaSo(20代)
推しメン:福士蒼汰、瀬戸利樹
休日はエステやマッサージに行って癒されてます♪

ピックアップ

アクセスランキング