6日、都内にてドラマ『FINAL CUT』の制作発表会見が行われ、亀梨和也、藤木直人、栗山千明、橋本環奈、林遣都、髙木雄也(Hey! Say! JUMP) 、やついいちろう、水野美紀、杉本哲太が登壇した。
本作はラブロマンスからコメディ、学園ドラマ、スパイアクションなど様々な作品に挑んできた亀梨が初めて‟復讐劇“に挑戦。
メディアに人生を翻弄された男の切なくも痛快な復讐劇を描く。
12年前、メディアによって殺人事件の犯人扱いを受け、死に追いやられた母親を持つ中村慶介(亀梨)は、事件の真犯人を探し出し、母を追い詰めた者たちへの復讐を果たすため動き出す。
矛先は母を追い詰めたメディア関係者たちと、事件真相の鍵を握る姉妹。
公開される事でその人の人生が終わる致命的な映像‟ファイナルカット”を突き付け、ある目的のため彼らを言いなりにしていく。
しかし慶介は姉妹にに近づくうち、許されざる恋に落ちてしまい、復讐のシナリオが狂い出す。

主題歌はKAT-TUN『Ask Yourself』

復讐ではあるがプロデューサー、出演者陣からは「スカッとするような復讐劇」「とにかく亀梨君が気持ち良く、成敗してくれている」という言葉が度々出ており、復讐劇ではあるものの、切なさと痛快さを持った作品になるとの事だ。

亀梨は「今の時代だからこそ起こりうる難しさや問題、テーマ、善とは悪とは…などに正面から切り込み、全員で一丸となって作りこんでいる作品。観ている方にも色々なものを受け取って頂いて楽しんで頂けたら」と口にした。

また慶介の母親を追い詰めた番組のディレクター役を務める林遣都は「挑戦的なドラマという印象。初めて脚本を読んだ時にこんなところまで描いて良いのかと思う所がたくさんあって、メディアの危うい部分を演じる。しっかり、リアルに見えるように演じて行きたい」と意気込みを語った、

なお20歳くらいの頃に亀梨と食事を共にしたという林。
「初対面だったけど、ものすごく優しくて、男らしいという記憶が鮮明」と当時を振り返りつつ「今回はそんな亀梨さんとは全然違う役。昨日対面するシーンを演じたが、12年間苦しんできた、復讐心に満ち溢れた感じがヒシヒシと伝わり、殺されるかと思いました」と明かし「久々に緊張感があるシーンが撮れた」と撮影エピソードについても明かしてくれた。
なおこの日、主演の亀梨は、終始明るく会場を盛り上げていたが、出演者たちがそんな亀梨の‟イケメン振り“に盛り上がる一幕も。

やついは撮影が押してしまった際、亀梨に対して待たせた事を詫びたそうだが「役者は待つ事が仕事ですから…」と答えた時の言い方がカッコ良かったとの事で「(亀梨は年下だけど)思わず先輩って言っちゃいました」と明かした。
しかし亀梨は、待つのも仕事ですと言ったものの「役者は…とかは言ってません!」と苦笑いをしながら、あくまで自然に話していた事を明るく弁明する場面も。

また髙木も先輩である亀梨と同級生役をどのようにしたら良いかを考えていたそうだが、亀梨から「2人きりで食事に行こう」と誘ってくれたそうで、「色々考えてくれている先輩がカッコ良かった」と明かした。

しかし亀梨は「女の子を口説くわけじゃないんだから!そんなにカッコよく言ってないよ」とここでも高木の言い方に対して、苦笑いをしながらツッコむ場面も。

さらに水野・杉本も亀梨をイジる流れが続き、冗談気味に振り返りポーズをしながら亀梨のカッコ良かった様子を明かす場面も。これには亀梨も「役が入ってきてしまっているんだと思います。普段はそういうキャラではないので…。ドラマを観て頂ければ、分かると思います!」と明るく口にした。

またタイトルにちなみ、今年の目標「〇〇に勝つ」という目標も発表され、亀梨は「ビビりな自分に勝つ」という目標を明かした。
「色々な出来事に直面したり、やってみようと思った時、年々リスクを考えてしまう。怖いもの知らずではなく、ここぞという時にきちんと理解した上で、進める大人になっりたい」との事だ。

そして林は「まぬけな自分に勝つ」と挙げ、本を読んでいて電車を乗り過ごしてしまった事や、この会見でも挨拶の際に喋る事を整理してたら「僕だけ立つのを忘れてしまいました」と照れ笑いをしながら弁明。
すかさず亀梨が「あいつ調子に乗ってると思われるよ」と笑顔でツッコミを入れると、「失礼しました」とペコリとする林に会場は大きな笑いに包まれた。

髙木は「ぐうたらな自分に勝つ」という目標を挙げ、空き時間があるとダラダラしてしまうので、そうした自分に勝ちたいと明かした。
しかしここでも亀梨から「この間メイクさんたちとお菓子を食べながら、普通に女子会してたよね」と明かされ、照れ笑いを見せる一幕もあった。

ドラマ『FINAL CUT』カンテレ・フジテレビ系 全国ネット
1/9 スタート 毎週火曜日 午後9時~9時54分放送
※初回15分拡大
https://www.ktv.jp/finalcut/index.html

フォトギャラリ―

関連するキーワード

iLIP_Staff

iLIPスタッフです。
俳優、アーティスト、アスリート、舞台、アイドル、アニメ…等など、今注目の「イケメン」に関するニュースやインタビュー、コラムをお届け!

登場いただく方が内に秘めてる「想い」や「情熱」、イメージとは違う「ギャップ」などそれぞれのフィールドで活躍される皆さんの魅力を様々な切り口でご紹介して、読者の皆様にお届けしていきます♡

▽ スタッフ紹介 ▽
・Sayu(30代)
推しメン:ユンホ(東方神起)、池松壮亮、荒木宏文、吉原シュート
ビール、深夜ラーメン、焼き鳥、イケメンをこよなく愛するこじらせ30代(独身)
座右の銘:リア充?何それおいしいの?

・MiSoTaSo(20代)
推しメン:福士蒼汰、瀬戸利樹
休日はエステやマッサージに行って癒されてます♪

ピックアップ

アクセスランキング