映画『不能犯』(2/1公開)より、松坂桃李の新たな場面写真が公開された。
本作は、同名漫画が原作の作品。

病死や自殺、事故など罪には問われない方法でターゲットを確実に死に追いやる‟不能犯”である、殺し屋・宇相吹正が登場し、誰もが持つ妬みや嫉妬、人間の心の闇を暴く“立証不可能犯罪”スリラー・エンターテインメント。

絶対に立証不可能な方法でターゲットを殺す主人公・宇相吹 正役を松坂桃李、宇相吹が唯一殺すことのできない、正義感溢れる女刑事・多田友子役を沢尻エリカが演じているほか、宇相吹に翻弄される人々に新田真剣佑、間宮祥太朗、忍成修吾、水上剣星ら豪華キャストが出演する。
今回公開されたのは、松坂演じる宇相吹のセクシーすぎて危険すぎる衝撃の場面写真。

取り調べ室で夜目(矢田亜希子)の手首に虫がついていることを指摘し、「あー…噛まれましたね…」と呟いた次の瞬間、夜目の手首をベロリと舐め上げる宇相吹の姿を捉えたもの。

ぎょっとするシーンではあるが、松坂演じる宇相吹のセクシーさに、思わずゾクッとしてしまう場面。

またもう一方の写真では、夜目の唇を押さえつけながら、アゴクイをする姿も押さえられており、今後の展開が気になってしまう写真。
原作の宇相吹のビジュアルを徹底的に作り込み、宇相吹のトレードマーク(?)である不気味な笑い方も日々研究す、「ここまで口角を上げた事は無い」と語るほど、役作りに余年のない松坂。

現場では、直前まではいつも通り穏やかにスタッフと談笑しているものの、いざ宇相吹モードに入るとその雰囲気は激変。
カメラが回り始める瞬間に宇相吹のスイッチが入る松坂の怪演は、日々迫力を増していったそう。

白石監督は「松坂さんは実際はとても好青年なので、今回はカッコ良くセクシーで、でも怖いキャラクターでいて欲しいとお願いしました。結果彼の持っている優しさと、私の思っていた宇相吹の邪悪さがいい感じに中和していると思います。」と大絶賛。

『ユリゴコロ』や『彼女がその名を知らない鳥たち』などでの演技で次々と新境地を開き、改めてその演技力の高さに注目が集まっている松坂。
本作でもまさにハマリ役といっても過言でない、“宇相吹”という男の恐ろしさとセクシーさが絶妙にミックスしたキャラクターを松坂がどう演じるのか。
公開が待たれる。
映画『不能犯』2018年2月1日(木)全国ロードショー
http://funohan.jp/

関連するキーワード

iLIP_Staff

iLIPスタッフです。
俳優、アーティスト、アスリート、舞台、アイドル、アニメ…等など、今注目の「イケメン」に関するニュースやインタビュー、コラムをお届け!

登場いただく方が内に秘めてる「想い」や「情熱」、イメージとは違う「ギャップ」などそれぞれのフィールドで活躍される皆さんの魅力を様々な切り口でご紹介して、読者の皆様にお届けしていきます♡

▽ スタッフ紹介 ▽
・Sayu(30代)
推しメン:ユンホ(東方神起)、池松壮亮、荒木宏文、吉原シュート
ビール、深夜ラーメン、焼き鳥、イケメンをこよなく愛するこじらせ30代(独身)
座右の銘:リア充?何それおいしいの?

・MiSoTaSo(20代)
推しメン:福士蒼汰、瀬戸利樹
休日はエステやマッサージに行って癒されてます♪

ピックアップ

アクセスランキング