この度、2018年1月10日(水)から2月18日(日)まで新国立劇場 中劇場にて、秋元松代作・いのうえひでのり演出「近松心中物語」を上演され、初日開幕に先駆けまして、通し稽古の写真が到着。
併せて堤真一らのコメントも寄せられた。
「近松心中物語」は、秋元松代が近松門左衛門による世話物の中から三篇を選び、構成し直し、秋元独自の物語性を盛り込んで執筆したもので、蜷川幸雄演出のもと、1979年の初演以来上演のたびに話題を呼んできた。

古典題材を扱いながらも、歌舞伎でも浄瑠璃でもなく、社会制度や葛藤なども描かれた現代劇でありながらも新劇とは全く異なり、蜷川自身も常に冒険的な創作に挑み続けてきた作品となっており、今回は劇団☆新感線のいのうえひでのりが挑む。

いのうえは、“心中”というシンプルなストーリの中で、当時の時代背景をいかに表現するか、また笑いの部分も大切にしながら、創り上げたとの事でいのうえ独自の新たな演出にも注目が集まっている。
出演は、堤真一と宮沢りえ。
雷に打たれたように恋に落ちる二人<忠兵衛と梅川>を演じる。
忠兵衛と梅川のシリアスなラブストーリーとは対照的な、池田成志・小池栄子らが演じる与兵衛のダメ男っぷりと、そんな旦那のことを愛してやまないお亀の、コミカルなシーンにも注目したいところ。
なお堤は以下のようにコメントを寄せている。

「愛を貫くために死を選ぶ」という決断が、現代のお客様に果たして納得していただけるのか、、、
それが稽古前に考えていた課題でした。物語自体もシンプルで、出会ってすぐに恋に落ちて、身請けのために公金に手を付けて、心中へと突き進むという三段跳び的な唐突感もある展開(笑)。もちろん、りえちゃんが美しいので、一目惚れの設定には一番説得力がありますが(笑)、忠兵衛の心情面では、僕自身の中でロジックをきちんともって、忠兵衛と梅川の心の動きに真実味をしっかりと見せられるよう心がけて稽古を積み重ねてきました。いよいよ開幕です。いのうえさんと信頼できるメンバーたちと創る現代演劇としての『近松心中物語』を皆さんにお見せしたいですね。

シス・カンパニー公演「近松心中物語」 2018年1月10日(水)~2月18日(日)まで新国立劇場 中劇場にて上演
www.chikamatsu-stage.com/
撮影:宮川舞子

関連するキーワード

iLIP_Staff

iLIPスタッフです。
俳優、アーティスト、アスリート、舞台、アイドル、アニメ…等など、今注目の「イケメン」に関するニュースやインタビュー、コラムをお届け!

登場いただく方が内に秘めてる「想い」や「情熱」、イメージとは違う「ギャップ」などそれぞれのフィールドで活躍される皆さんの魅力を様々な切り口でご紹介して、読者の皆様にお届けしていきます♡

▽ スタッフ紹介 ▽
・Sayu(30代)
推しメン:ユンホ(東方神起)、池松壮亮、荒木宏文、吉原シュート
ビール、深夜ラーメン、焼き鳥、イケメンをこよなく愛するこじらせ30代(独身)
座右の銘:リア充?何それおいしいの?

・MiSoTaSo(20代)
推しメン:福士蒼汰、瀬戸利樹
休日はエステやマッサージに行って癒されてます♪

ピックアップ

アクセスランキング