1日、都内にて映画『不能犯』の初日舞台挨拶が行われ、松坂桃李、沢尻エリカ、新田真剣佑、間宮祥太朗、真野恵里菜、芦名星、白石晃士監督が登壇した。
本作は、「グランドジャンプ」(集英社)で連載中の大人気コミック『不能犯』(宮月新原作・神崎裕也漫画)を実写映画化。“不能犯”とは、呪いや洗脳による殺害など実証が不可能な犯罪のことで、視線だけで人を死に導くダークヒーロー・宇相吹正を松坂桃李が、宇相吹のマインドコントロールが唯一効かない刑事・多々友子を沢尻エリカが演じる。
公開初日を迎えたことについて松坂は、「撮影が終わってからの方が長く感じました。今月は芝居1割、バラエティ9割みたいな感じだったので」と、積極的なプロモーション活動を行ってきたことをアピール。
「おかげで芸人さんともコミュニケーションが取れるようになった」と笑顔を見せ、公開を迎えた喜びを語った。
この日は作品にちなんで、心理テストを実施。「好きな食べ物は?」という質問に回答していくキャスト後方のスクリーンには「好きな食べ物の苦味・酸味が強いほど、腹黒度が高い」と表示され、観客だけに心理テストの答えが明かされた。
順に好きな食べ物を回答していく中、真野が「もずく酢」と回答すると、会場からは大きなリアクション。
続いて間宮が「鮨」と回答すると、客席からは微妙な声が上がり「なにその失笑みたいな…俺ももずく酢って書いておけばよかった」と、会場のリアクションに不満気な顔を見せた。
続く新田は「なんでも好きですよ」と予防線を張りつつ「魚」と回答。これにも小さな反応となった客席に「なになに?一番リアクション薄かった」と答えが気になる新田。食べ方を聞かれると「どんな食べ方もします。焼いたりとか…」と曖昧に付け加えた。
最後に、松坂が「マグロの赤身。刺し身でも握りでもテンション上がります」と回答すると、全員が後ろを振り返って心理テストの答えを確認。
最も”腹黒度が高い”回答をした真野がいじられる中、「監督が一番ブラックっぽい感じしますけどね」と松坂。
好きな食べ物に「たこ焼き」と回答していた監督に、新田が「僕、聞いたんですけど、たこ焼きにお酢つけて食べるんですよね?」と投げかけると、すかさず監督が「食べねーよ!」とツッコミを入れ、会場を沸かせた。
また、この日は客席に赤と青の2面になったうちわが配られており、観客にも2択の質問が投げかけられた。
松坂は「映画とまったく関係ないですけど」と前置きしつつ、「マネージャーという仕事に興味がある人は赤、興味がない人は青」と質問。
半分以上の人が興味があると回答する中、「でも別にマッケンを担当できるわけじゃないですからね」と松坂が付け加えると「今、マッケンを担当できないってわかった瞬間、ふわって」とうちわを裏返した観客の真似をして見せた。
続けて、間宮は「不能犯を見て、自分も愚かだったなと何か思い出した人は赤、私には愚かなところがなかったと思う人は青」と質問。
赤を掲げる観客が多い中、間宮は客席にじっと目線を向けて「青の人の顔をよーく見ておきますね」とコメントして、会場の笑いを誘った。
iLIP_Staff

iLIPスタッフです。
俳優、アーティスト、アスリート、舞台、アイドル、アニメ…等など、今注目の「イケメン」に関するニュースやインタビュー、コラムをお届け!

登場いただく方が内に秘めてる「想い」や「情熱」、イメージとは違う「ギャップ」などそれぞれのフィールドで活躍される皆さんの魅力を様々な切り口でご紹介して、読者の皆様にお届けしていきます♡

▽ スタッフ紹介 ▽
・Sayu(30代)
推しメン:ユンホ(東方神起)、池松壮亮、荒木宏文、吉原シュート
ビール、深夜ラーメン、焼き鳥、イケメンをこよなく愛するこじらせ30代(独身)
座右の銘:リア充?何それおいしいの?

・MiSoTaSo(20代)
推しメン:福士蒼汰、瀬戸利樹
休日はエステやマッサージに行って癒されてます♪

ピックアップ

アクセスランキング