仕事も恋愛もうかくいかない25歳の童貞3人組の悪戦苦闘を描いた、同名コミックスの映画化『チェリーボーイズ』で、女性経験がないダメ男を演じた林遣都と栁俊太郎を直撃。林と栁に前野朋哉を加えた3人組は、それぞれ林扮する国森信一、栁扮する吉村達也、前野扮する高杉誠。彼らは口に出すのをためらってしまう強烈なニックネームを持つ。

果敢な役柄に挑んだ林と栁は、共演を通じて互いが「大好き」と語る間柄に。そんなふたりが、役作りに始まり、女性にされたらコロっとなってしまう仕草などを率直に語った。

二十歳を過ぎた男たちの“青春もの”をやりたかった(林)

―タイトルからすでにインパクトのある作品です。おふたりも25歳の童貞役。オファーがあったときはいかがでしたか?
林:自分のなかで二十歳を過ぎた男たちの“青春もの”みたいなものをやっておきたいという気持ちがあったんです。そんなときにオファーがあって、タイトルを聞いて、すぐにやろうと思いました。原作漫画は本当に可笑しな登場人物たちの突き抜けた作品です。映画の脚本は、松居大悟さん(監督作に『アフロ田中』『アズミ・ハルコは行方不明』)が、深い人間ドラマに膨らませていました。

栁:とんでもない町のとんでもない人たちの話だと思いました。動物園というか、まるでサファリパークのようで。読めば読むほど、羞恥心であるとか、人間味あるストーリーが散りばめられていて、おもしろそうな作品だと思いました。
―正直、役名(ニックネーム)が、3人組のもうひとり前野朋哉さんも含め、口にするのがはばかれるような名称です。
林:ははは。
栁:確かに(笑)。最初は大丈夫かなと思いました。
―役名がご自身に馴染むのも難しかったのでは?
林:2週間の撮影期間だったので、3人の空気感を早い段階で作っていかないといけませんでした。早く馴染ませなきゃと思っていましたし、実際にすぐに馴染みました。現場では役名で呼び合っていました。冷静に考えたら、結構不思議な期間でした(笑)。

一緒に過ごしているうちに、自然に童貞トリオに入れた(栁)

―林さんが演じた国森は、3人組のなかでリーダー的な存在です。
林:西海(謙一郎)監督とお話ししていたのは、絶対に最低なヤツであり続けることでした(笑)。吉村と高杉しか国森の本当の優しさみたいなものを知らなくていい。観ている人も登場人物も、作っているスタッフも、みんなからどうしようもないダメなヤツだと思われる人物だというところを軸にしてやっていきました。

栁:僕はカメラの外でも、前野くんと国森の話をよくしていました。どんどん愛おしくなってきて。でも国森には直接言わないという。教祖じゃないですけど、吉村と高杉は、国森がいなきゃ何もできないふたりなんですよね。でも、国森がとんでもない考えを持っているから、とんでもないことに巻き込まれる。
―林さんと栁さんには、女性とは縁のない童貞のイメージがありませんでした。
林:確かに映画を観る前の時点で、童貞に見えないという人もいると思います。でも絶対にそこを覆さないといけないというのが、今回の自分の最低限の目標でした。僕を含め、3人が童貞に見えなかったら、この作品は終わりだというくらいの思いで臨みましたし、監督もそれだけの覚悟で挑んできてくれたら、こちらも必ずそう見えるように撮るとお話していました。
―栁さんは。
栁:林くん、前野くんと違うのは、漫画でもそう描かれているんですけど、吉村は、ルックスはいいんです。一見、童貞っぽくない。だから最初は逆に難しいと感じました。
―実際にはコンプレックスを抱えている童貞クンです。
栁:はじめは不安でしたが、セリフを言ったり、林くんや前野くんと一緒に過ごしているうちに、自然に童貞トリオに入れました。このふたりとつるんでいるなら、俺も絶対童貞だろうなって(笑)。
―理解できなかったところはありましたか?
栁。うーん。あそこまで乳首が伸びるとか。そこはストイックだなと思いました(笑)。

関連するキーワード

iLIP_Staff

iLIPスタッフです。
俳優、アーティスト、アスリート、舞台、アイドル、アニメ…等など、今注目の「イケメン」に関するニュースやインタビュー、コラムをお届け!

登場いただく方が内に秘めてる「想い」や「情熱」、イメージとは違う「ギャップ」などそれぞれのフィールドで活躍される皆さんの魅力を様々な切り口でご紹介して、読者の皆様にお届けしていきます♡

▽ スタッフ紹介 ▽
・Sayu(30代)
推しメン:ユンホ(東方神起)、池松壮亮、荒木宏文、吉原シュート
ビール、深夜ラーメン、焼き鳥、イケメンをこよなく愛するこじらせ30代(独身)
座右の銘:リア充?何それおいしいの?

・MiSoTaSo(20代)
推しメン:福士蒼汰、瀬戸利樹
休日はエステやマッサージに行って癒されてます♪

ピックアップ

アクセスランキング