20日、都内にて、映画『ちはやふる 一結び―』の完成披露試写会舞台挨拶が行われ、広瀬すず、野村周平、新田真剣佑、上白石萌音、矢本悠馬、森永悠希、優希美青、佐野勇斗、清原果耶、松岡茉優、賀来賢人、小泉徳宏監督の12名が登壇した。
本作は、“競技かるた”を題材にした末次由紀の国民的大ベストセラー少女コミック『ちはやふる』を原作とした実写映画の3作目。前作から2年の時を経て本作が完結編となる。
2016年に公開された2部作「上の句」「下の句」は、年代や性別を超えて幅広い共感を集め、200万人を超える観客動員数を記録。主人公・綾瀬千早を演じる広瀬すずは、1作目「上の句」で第40回日本アカデミー賞優秀主演女優賞に輝いた。
小泉監督、広瀬、野村、新田、上白石、矢本、森永、松岡は前作より続投。さらに新キャストとして、賀来、優希、佐野、清原が参加し、完結編を豪華に彩っている。
当日は、桜吹雪が舞う中、キャスト全員が劇中と同じ袴姿で客席・花道を通って登場。この登場シーンは観客による撮影も許可され、開始早々、会場は最高潮の盛り上がり。
「2年ぶりに皆さんにお会いできることを嬉しく思います」(広瀬)、「楽しいトークをするので楽しんでください」(野村)、「僕のスタートラインとなった『ちはやふる』、その続編をお届けできる場にいられることを嬉しく思います」(新田)という冒頭の挨拶でも観客席からは大きな歓声があがり、佐野の「盛り上がってますか!?」という3回のコール&レスポンスではライブさながらの掛け合いが起こった。
作品に関するトークでは、本作から参加の新入生トリオ・優希、佐野、清原に、撮影現場の雰囲気についての質問が。戸惑う3人を見かね、松岡が「先輩がリードしてさしあげたら?」と助け船を出すと、野村が「どうだったの?」と再質問。佐野が「楽しかったです」と答えたものの言葉に詰まると、野村は矢本に「どうすればいいの?」と助けを求め、指名された矢本は「俺?うそ」とびっくり。松岡に「後輩に聞きたかったことはないの?」と言われ、苦し紛れに「初対面の俺、どんな感じやった?」と質問。すると佐野は「かわいかったです、すごくかわいかったです。肉まんくんだーと思って」と明るく回答し、撮影現場での仲の良さが垣間見えた。
劇中では孤高の存在だった賀来と松岡は大変だったことを聞かれ、松岡が「今が大変。役といつもの松岡、どちらでいればいいのかわからない」と回答。賀来も同意し、観客席に意見を求めるも、「今のはいつもの松岡さんと賢ちゃんでした」という広瀬のコメントに「いつもどおりでいきましょう」と折り合いをつけた。
また、野村と新田には、「千早のように何かに夢中になっている女の子を振り向かせるためにどんな行動をとるか?」という質問がなされ、野村は「教えてあげるよ」と答えながらも、「真剣佑、言ったれ」とまたもや無茶ぶり。「先輩に教えていただきたい」と切り返した新田は「僕は新田で話した方がいいですか?綿谷新で話した方がいいですか?それとも尊氏で話した方がいいですか?」と、自身が出演中のドラマの話も絡めて会場に問いかけるなど、なかなか本題に入ろうとしなかったが、松岡に答えを促され、「何かに向かって頑張っているなら達成されるまで応援してあげたいし、それが終わるまで、待つよ」と甘い声音で広瀬に語り掛け、観客席からはまたも歓声が。

それを見た野村は「今のでちょっと(新田のほうに)向いちゃったじゃん」と話しながら、「やっぱり俺は今すぐにでも振り向いてほしい」と本音を漏らし、仲良く話す広瀬と新田を見て「ちょっと何やってんだよ、他の男と喋ってるんじゃねーよ」と声を荒げる演技。そして「こんな感じです、一緒に頑張って同意を求めます」と強引に行くとコメントした。
「新田と野村のアプローチはどちらが魅力的か?」という質問に、広瀬は「待ってほしい」と即答。すると「待ちます」と新田、「イケメン好きか」と毒づく野村。「でも集中している時は待ってほしいですよね?」と広瀬が観客に同意を求めると、客席からは微妙な反応が。女性のキャスト陣による多数決では、新田の待つアプローチに清原と上白石、野村の強引なアプローチには松岡と優希が票を入れ、それぞれ意見が分かれる結果となり、野村が「強引な真剣がいいってことだよね」と結論。

そして「強引な真剣というのは?」という司会からの質問に即興劇を始める3人。新田が「千早は僕が守る」と決め台詞を言うと客席からは歓声があがったが、「いろんな役が混ざっちゃった」とポツリ。最後に松岡が「撮影現場でもこういう即興劇で遊んでいた」ことを説明した。
最後は広瀬が観客に向けてメッセージ。「この中には私たちにしか生み出せなかったものが絶対にあると思っていて、それを一番大切に、そしてこの3年間のすべてをかけてこの映画ができました。登場人物それぞれの思いを受け取ってもらえたら嬉しいですし、自信を持って皆さんにお届けできる映画になったと思います。楽しんで見ていただけたら嬉しいです」と締めくくった。
映画『ちはやふる 一結び―』
3月17日(土)全国公開

http://chihayafuru-movie.com

関連するキーワード

iLIP_Staff

iLIPスタッフです。
俳優、アーティスト、アスリート、舞台、アイドル、アニメ…等など、今注目の「イケメン」に関するニュースやインタビュー、コラムをお届け!

登場いただく方が内に秘めてる「想い」や「情熱」、イメージとは違う「ギャップ」などそれぞれのフィールドで活躍される皆さんの魅力を様々な切り口でご紹介して、読者の皆様にお届けしていきます♡

▽ スタッフ紹介 ▽
・Sayu(30代)
推しメン:ユンホ(東方神起)、池松壮亮、荒木宏文、吉原シュート
ビール、深夜ラーメン、焼き鳥、イケメンをこよなく愛するこじらせ30代(独身)
座右の銘:リア充?何それおいしいの?

・MiSoTaSo(20代)
推しメン:福士蒼汰、瀬戸利樹
休日はエステやマッサージに行って癒されてます♪

ピックアップ

アクセスランキング