dTV×フジテレビ共同製作音楽番組『LOVE or NOT♪』の第24回が2月23日(金)AM1:00より配信されている。

本番組はMCは、今市隆二(三代目J Soul Brothers)が初MCに挑戦。
ベッキーと共に、話題のアーティストをゲストに迎えて、MCの2人共に音楽への熱い想いからプライベートまで語りつくすトークに加えて、ゲストによるライブパフォーマンスを披露。さらにはそのライブパフォーマンスを、360度パノラマの臨場感溢れる映像で楽しめるVRでも収録。番組の配信に合わせて、dTV VRで独占配信する。普段のライブステージでは見ることのできない、MC・今市隆二が放つ新たな魅力を存分に楽しめる内容となっている。
今回は最終回。番組公開収録となります。今市隆二ソロプロジェクトの中から2曲歌唱いたします。

今市の「みなさん、こんばんは!今夜のLOVE or NOT♪は公開収録でお送りしたいと思います!」というMCで番組はスタート。ベッキーから「ファンにお会いするのは久々じゃないですか?」今市が「お久しぶりです!」と投げかけると大きな歓声に包まれた。
ベッキーから「今日はですね、今市さんが1月から3ヶ月連続で配信を行っているソロプロジェクトの中から2曲歌って頂けるということです。」今市が「ちょっと緊張してますし、初めてパフォーマンスする曲もあるので。しかも今日バンドがいつもと違ってですね、今夜限りのスペシャルバンドなんで、みなさん楽しんでいってください。」
ベッキーから「三代目JSBでもバンマスで、今回の音楽監督をして頂きました、佐野健二さんでーす。」という呼び込みで佐野さんがステージに登場。更にベッキーが「今回はですね、先日公開収録イベントのバンドメンバー募集に応募して頂いた方も参加していると。結構みんなでビデオ見ましたね。あの中の誰かが来てるということなんですね。それでは、バンドメンバーを紹介して頂きましょう。キャプテン、お願いして良いですか。」佐野さんが、「喜んで!まずはトップバッター、ドラム中村真行!」ベッキーから「中村さんはまさに一般公募の中から選ばれたメンバーということで、今回のバンドでは最年少の24歳。ビデオで色んな角度から撮った自分を送ってくれた。」中村が「少しでも見やすい方が良いかなと思って。」今市が「めちゃめちゃ見やすかった。」ベッキーが「どうですか?こういう公開収録でバンドで。」中村は「緊張すごいですけど、楽しみでしかたなかったんで、ご連絡頂いた時は。」今市から「では、意気込みを。」中村は「せっかく頂いた機会を楽しんでいきたいので、みなさん宜しくお願いします。」佐野から「続いては、ベース!彼、俺よりちょっと上手いかもしれないです。村田隆行!」ベッキーから「村田さんはですね、三代目JSBのツアーバンドメンバーでもあるキーボーディストのNOBU-Kさんからの推薦ということで。」佐野から「続いて、キーボード!俺の右腕です。永井誠一郎!」ベッキーから「永井さんも三代目JSBツアーバンドメンバーでキーボードを担当されてるんですよね。」今市が「自分のピアノの先生です。」ベッキーが「永井さんから見て今市さんのピアノはどうですか?」永井が「すごい努力家なんですよ。あと、前の日飲んだ次の日のレッスンが調子良いんですよ。抜けてる感じが。」佐野が「ラストはですね、ギター!今度は左腕です。木島靖夫。」ベッキーが「木島さんも三代目JSBツアーバンドメンバーで、他にも以前ゲストで来ていただいた清水翔太さん、JAY’ED、加藤ミリヤさんもサポートされていると。」今市が「自分のギターの先生です。」ベッキーが「また聞きましょう。どうですか?ギターの腕前は。」木島が「予習がすごいんですよ。なんでこのコードの押さえ方知ってるの?って聞くと、YouTubeですごい見てと。」ベッキーから「飲んだ次の日調子良いとか、ギターはどうですか?」木島が「上手です。早く見たいです、弾いているところを。」ベッキーが「こんなバンドメンバーのみなさんとお送りするわけなんですが、今市さん、1曲目は何ですか?」今市が「ONE DAYです」ベッキーが「ONE DAYってあの氷の?氷の歌?(MVを)見ました?みなさん!改めてですけどどんな曲か教えてください」今市が「ソロプロジェクト第1弾シングルなのでソロデビュー曲と言っても過言ではないですし、自分の好きなR&Bが存分に表現されてる曲です。」ベッキーが「ちなみにONE DAYというタイトルにはどんな思いが込められているんでしょうか?」今市が「ONE DAYというのは1日という意味で大切な人と最後の夜、最後の別れの夜、最後の1日を表現したくて、ONE DAYというタイトルになってます。」ベッキーが「ちなみにこのONE DAYをお客様の前でパフォーマンスするのは?」今市が「初めてです。」

※「ONE DAY」歌唱

ベッキーが「キャプテン、どうでした?」佐野が「絶好調ですね。カッコイイ。」ベッキーが「最高でした。ほんとに、今市さんの声のすばらしさが1番出てる楽曲な気がする。伸びやかな感じとか、透き通った感じとか。どうですか?歌ってみて。」今市は「楽しかったですね。バンドもすごい素敵じゃないですか。バンド最高ですね。」ベッキーが「中村さんどうでした?」中村が「楽しかったですね。」今市が「村田さんどうでした?」村田は「僕大好きな音楽なんで。今日は今市さんの歌に寄り添うような感じで幸せです。」ベッキーが「今市さんはどうなんですか?いつもと違うメンバーで。」今市が「リハの1発目からすごいグルーヴも最高だったんで、言う事無いって感じです。」ベッキーから「では次の曲は?」今市が「次は、『Thank you』という曲を」ベッキーが「改めてですけど、どんな曲ですか?」今市が「この曲は3月に配信される曲なんですけども、1回ライブでは歌ったことがあって、自分が大好きなブライアン・マックナイトというR&Bシンガーと共作した曲で、自分の伝えたい思いをタイトルにして作りました。」ベッキーから「ちなみに、その『Thank you』は今市さんはどなたに届けたいと思った曲ですか?」今市が「これはもう出会った人、自分に関わってくれた人全ての方なので、キャプテンもベッキーさんもそうだし、今日来てくれた皆さんもです。あとバンドメンバーも。全ての人に伝えたいですね。」ベッキーが「それでは、これから歌ってもらいますが、特に注目してもらいたいとこなどありますか?」今市が「自分がシンガーとしてこれから歌い続けていきたい曲でもありますし、自分自身もこういう思いを忘れちゃいけないという思いで歌っているので、自分のど真ん中の思いをみなさんに届けばなと思っているので、是非聞いてください。」ベッキーが「キャプテン的には演奏で聞きどころなどありますか?」佐野が「バラードなんで、彼(今市)が一番歌いやすいように、彼等(バンドメンバー)がどれだけサポートできるか、気持ちよくみなさんに伝わるかどうかです。」

※『Thank you』歌唱

ベッキーが「すごーい、また聞き入っちゃう感じでした。どうでした?歌ってみて。」今市が「すごく感情も込められたなというのもあったので、すごく伝わったら良いなと思います。」ベッキーが「キャプテンから見てどうでした?」佐野が「伝わった。ほんと良い曲だし、今市の良いものが出るよね。素敵な曲です。」今市から「キャプテン、バンドのみなさん、本当にありがとうございました。」

ベッキーから「さあ今市さん、改めてですけど、お客様の前でソロ曲2曲歌ってみてどうでした?」今市が「すごい楽しかったですね。2曲じゃ少ない感じしますよね。」ベッキーから「このソロプロジェクトなんですけど、とりあえず「Thank you」で一旦終了って感じですか?」今市が「一旦終了です。」ベッキーから「グループとソロの一番の違いは何でした?」今市が「グループだと臣(登坂)がいて、パフォーマーの5人がいて、そこのグループ感でぶつけられるものがあるんですけど、ソロは自分一人なので、そこは音楽で補うというか、自分は生音が好きなんで、今日も歌って最高だなと思ったので、そこは違うなと感じました。」ベッキーが「今回のソロプロジェクトで吸収したものが、また次の三代目の時に反映されるでしょうね。」今市が「まだ始まったばかりなので、まだまだ経験積まなきゃなと。」ベッキーが「ちなみにソロライブなんかも今後はやっていきたいなーとか?」今市が「やりたいですね。めちゃめちゃやりたいです。」ベッキーが「やっぱり三代目の時と違う表情だから、みなさんも三代目の今市さんも見たいし、ソロの今市さんも見たいと思うんで。」今市が「良い発表が出来るように。」

今市から「楽しい時間はあっという間に終わってしまうということで、みなさんにお知らせがあるんですけど、この番組「LOVE or NOT♪」今回の放送で最終回となります。あっという間でしたね。」ベッキーが「あっという間でしたね、毎回が楽しかったし。」今市が「期間的には半年。どうでした?ベッキーさん。」ベッキーが「なかなか会えないアーティストさんと結構近い距離で。みなさん心を開いていろんなトークしてくださったのがうれしかったです。でもずっとゲストの方がトークしてて、今市さんの曲いつ聞けるのかなとと思ったから、今日やっと実現して良かったです。今市さんはどうでしたか?」今市が「いろんなアーティストの方が来てくれて、ここまで音楽の事を語り合える事ってあんまり無いじゃないですか。しかもあんな近い距離で。すごく刺激を受けましたし、勉強になりました。」ベッキーから「どうですか?MCという仕事は。」今市が「いやもうベッキーさんに助けられっぱなしでした。本当にありがとうございます。」ベッキーから「もしもまた、LOVE or NOT♪がスタートするとしたら、どんなことしたいですか?どんな方呼びたいとかでも良いですけど。」今市が「ベッキーさんが好きなクレイジーケンバンド。」ベッキーが「今市さんも呼びたい人いるでしょ。」今市が「ATSUSHIさんとか。来てほしいですね。」ベッキーが「それは見たい。その時はみなさん、極力黙りますんで安心してください。二人のトークを見たいから。」最後に二人から「それではみなさん、ありがとうございました。」と締めくくる。



第24回は、2月23日(金)AM1:00配信開始。
是非、お見逃しなく。

https://pc.video.dmkt-sp.jp/ft/s0000684

関連するキーワード

iLIP_Staff

iLIPスタッフです。
俳優、アーティスト、アスリート、舞台、アイドル、アニメ…等など、今注目の「イケメン」に関するニュースやインタビュー、コラムをお届け!

登場いただく方が内に秘めてる「想い」や「情熱」、イメージとは違う「ギャップ」などそれぞれのフィールドで活躍される皆さんの魅力を様々な切り口でご紹介して、読者の皆様にお届けしていきます♡

▽ スタッフ紹介 ▽
・Sayu(30代)
推しメン:ユンホ(東方神起)、池松壮亮、荒木宏文、吉原シュート
ビール、深夜ラーメン、焼き鳥、イケメンをこよなく愛するこじらせ30代(独身)
座右の銘:リア充?何それおいしいの?

・MiSoTaSo(20代)
推しメン:福士蒼汰、瀬戸利樹
休日はエステやマッサージに行って癒されてます♪

ピックアップ

アクセスランキング