3月、レプロエンタテインメントが初めての男性演劇ユニットの旗揚げを行う。
その名も「浅草軽演劇集団・ウズイチ」。

「ウズイチ」では、レプロ所属の若手俳優と、一般公募を勝ち抜いてきた精鋭たちがしのぎを削り、浅草で誰もが気軽に楽しめる総合エンタテインメントの発信を目指す。芝居はもちろん、ダンス、歌、お笑い、時にアドリブ要素も交え、客席までも巻き込んだパフォーマンスを行う。

旗揚げ公演の演目は『シャフ』。
人力車の車夫(シャフ)になる為に奮闘する青年たちを描く、芝居、笑い、歌、ダンス、アドリブありと、盛りだくさんの書き下ろし公演だ。

10~20代男性で構成された「ウズイチ」は、その大半が『シャフ』で初舞台を踏む。
『シャフ』の公演期間中、そして今後定期的に公演を行っていくという「ウズイチ」のなかで、彼らがエンターテイナーとしてどのように成長していくのかも大きな見どころの一つだ。

そんな彼らが切磋琢磨する姿を一目見ようと、一足先に稽古場に潜入してきた。

すべてのシーンに全力投球。今しか見られない成長ざかりの彼らの魅力

稽古場の外まで、今回が初舞台だとは思えないほどの声量と熱気が伝わってきた。

中へ入ると、まさに稽古の真っ最中。
公演のメインキャストはAとBに分かれている。そのAキャストの稽古にお邪魔した。

メインキャストである見習い車夫5人の会話はテンポがよく、熱量も相まって会話に引きこまれる。

時に激しく取っ組み合ってプロレス技をかけ合うシーンも。

ABキャストどちらにも出演する「えびす屋ジュニア」の5人は、その初々しさと一生懸命さが魅力。

物語はジェットコースターのように展開しながら進んでいく。
会話をしていたかと思えば取っ組み合いになり、いつの間にかクスリと笑えるアドリブ合戦になり……と、どのシーンにも全力で挑むキャストの姿が愛おしい。

そして、歌とダンスには圧倒されるほどのエネルギーがあった。
楽曲はすべてオリジナルとのこと。浅草らしい太鼓の音が新鮮に響き、彼らのフレッシュさを盛り上げる。

出演者全員で繰り広げる歌とダンスのパフォーマンスは、元気いっぱい。

キメるときはかっこよくキメる。

稽古にお邪魔したのは短い時間だったが、彼らの振り幅の広さと可能性の大きさを垣間見ることができた。

車夫を目指す青年たちの青春と、エンターテイナーを目指す彼らの青春が重なって見えるようで、その現在進行形の成長物語から片時も目が離せない。
この稽古から本番までのわずかな間にもどれほどの成長を見せてくれることだろう。もっと言えば本番初日と最終日、一回の本番の始まりと終わりでさえも、違う顔を見せてくれるのかもしれない。

「役の成長と、表現者としての成長を重ねて見てほしい」

最後に、上原一翔、北優心、寺田直生の3名に舞台にかける意気込みや見どころを聞いた。

(右から)
上原一翔(うえはら いちか)、1992年10月28日生。趣味は、麻辣湯の火鍋づくり。
北優心(きた ゆうじん)、2001年1月22日生。今ハマっているのは、バイクの改造。
寺田直生(てらだ なお)、2001年7月10日生。好きな音楽アーティストはback number。

―「ウズイチ」が、これだけはほかの舞台に負けない!というところを教えてください。
北:舞台にかける熱量です。「ウズイチ」には、演技初心者もいれば、芸能そのものが初めてという子も多い。ただその分、気持ちの強さだけはどこにも負けません。
―この舞台の見どころは?
上原:演じている役者と、役そのものがリンクしている部分がたくさんあり、そこが見どころです。
「ウズイチ」には、これから芸能界を目指そうという子たちがいる中で、最初からみんなに同じ覚悟があるわけではありませんでした。でも、稽古を通して芝居に対する欲求や上にあがりたいという気持ちが芽生えて、もしかしたら自分たちが本当にやりたいことはこれなのかもと思い始めている。そんなふうに、一人ひとりが自分自身と役をリンクさせて成長する物語をお客さんに見せられるのではないかと思っています。

北:自分たちがこれから芸能活動を始めていく上で、いろいろな試練を超えるための覚悟を見せる部分があるので、そこに注目してもらいたいです。

寺田:最後の方には、脚本家の方が今の僕らに重ねて書いてくれたシーンがあります。その人が発する言葉に意味があるので、そこにも注目しながら見てもらえたら嬉しいです。
―本番に向けての意気込みをお願いします。
上原:みんな、これまでに諦めた夢やできなかったことがたくさんあると思います。まさに今戦っているという人にも、僕たちが劇中で戦って乗り越える姿を見て打ち勝ってほしい。そんな気持ちを届けたいです。

北:自分にはまだまだ演技力が足りないと思うので、その代わり、自分の覚悟や勇気、力強さを見てもらえたら。

寺田:僕のエンターテイナーとしての目標は、思わず鳥肌が立つような感動を与えること。「ウズイチ」でも、僕らの一生懸命な姿を見て、少しでもそう思ってくれるお客さんがいたら嬉しいです。


彼らの若いパワー、そして成長ぶりを観に、何度でも浅草に足を運んでもらいたい。


浅草軽演劇集団・ウズイチ『シャフ』

【公演期間】2018年3月2日(金)~3月11日(日)
【公演場所】浅草九劇
【公式HP】https://asakusa-kokono.com/independent/uzuichi/
【チケット】https://asakusa-kokono.com/list/2018/01/id-4481

関連するキーワード

iLIP_Staff

iLIPスタッフです。
俳優、アーティスト、アスリート、舞台、アイドル、アニメ…等など、今注目の「イケメン」に関するニュースやインタビュー、コラムをお届け!

登場いただく方が内に秘めてる「想い」や「情熱」、イメージとは違う「ギャップ」などそれぞれのフィールドで活躍される皆さんの魅力を様々な切り口でご紹介して、読者の皆様にお届けしていきます♡

▽ スタッフ紹介 ▽
・Sayu(30代)
推しメン:ユンホ(東方神起)、池松壮亮、荒木宏文、吉原シュート
ビール、深夜ラーメン、焼き鳥、イケメンをこよなく愛するこじらせ30代(独身)
座右の銘:リア充?何それおいしいの?

・MiSoTaSo(20代)
推しメン:福士蒼汰、瀬戸利樹
休日はエステやマッサージに行って癒されてます♪

ピックアップ

アクセスランキング