累計150万部突破のいくえみ綾の大人気コミックが原作の実写映画『プリンシパル~恋する私はヒロインですか?~』。誰もが“プリンシパル=主人公”になって、誰かに“好き”を伝えたくなる、勇気をもらえるラブストーリーだ。

東京から北海道の高校に転校したまっすぐで不器用な等身大の女子高生・住友糸真を黒島結菜。学校イチの人気者で“俺様系イケメン”の舘林弦をジャニーズWESTの小瀧望。弦の幼馴染で同じく人気者の“ゆるふわ系イケメン”桜井和央を高杉真宙。糸真の友達で弦に恋するキラキラ系小悪魔女子・国重晴歌を川栄李奈が演じる。

今回は、桜井和央役の高杉真宙にインタビュー。作品への想いや自身が演じた役のほか、普段はあまり聞くことのできない高杉自身の恋愛観についても語ってもらった。
―まずは本作について教えてください。
『プリンシパル』は恋をして主人公になっていく、というようなストーリーで、作中には色々な恋愛が出てくるのですが、初めて原作漫画を読んだときは少女漫画っぽくない作品だと思いました。一人ひとりの感情がすごく濃くて、様々な感情が入り混じってねじれているので、少女漫画らしからぬドロドロさのようなものを感じたんです。それが恋愛や友情につながっていくのですが、きれいに1つにまとまっていく様はすごく素敵ですし、そこはぜひ注目してほしいと思います。
―今回は、お茶目でかわいらしさがある反面、芯の強さも持ち合わせたモテ男子・桜井和央を演じています。演じる上で大切にしたことなどがあれば教えてください。
和央も濃い感情を持っているキャラクターで、奥が深いからこそ色々なことを思っているのでキャラクターを読み解くのに時間がかかりました。王子様キャラにされていますが芯の強さや信念があり、そういう部分がすごく好きだったので、ただの王子様キャラにはしたくないなと思い、自分が好きだと思った部分をちゃんと表せたらな、ということを意識して演じました。

その芯の強さが一番見えるのが、谷村美月さん演じる弓ちゃんのピアノの発表会で和央がアクションを起こすシーン。でも、そこで急に芯の強さを見せられても困ると思うので、それまでに色々なところで王子様キャラではない一面をちょっとずつ見せるようにしています。
―注目してほしいところなどはありますか?
純粋でまっすぐな思いは男からしても羨ましいというか、かっこいいなって憧れるところかなと思うんです。振り向いてもらうために思い続けるってすごく大変なことですし、それが叶うのは相当な努力があるからだと思うので、そういった部分は見てほしいです。
―高杉さんと和央、似ていると思うところはありましたか?
あまりないんですけど、僕も女の子と間違えられてスカウトされたので、女の子と間違えられるというところは似ているのかなと思いました。漫画でそれを読んだ時は、漫画に描かれるようなことなんだと衝撃を受けました(笑)。
―逆に似ていないと思うところはありますか?
“プリンシパル”と聞いて、確かに学年1モテる男の子とか、僕の学校にもそういう人たちがいっぱいいたので、そういう子たちの話なんだなって思いました。僕が演じた和央もそういうキャラクターですが、僕自身は村人Bとかそんな感じだったので、役でモテ男子を演じて「本当にこんな人っているのかな?」とは感じていて。弦と和央の本当の部分をもっと見てもらえていたら、女子のふたりへの憧れも少なくなっていたんじゃないかなとは思うので、演じているときは役を楽しみながらも不思議な感覚ではありました。
―今回、自分の気持ちをはっきりと言う演技などはあまり見たことがなく印象的だったのですが、チャレンジだったと思うことなどはありましたか?
役づくりが今までとはちょっと違いました。
最近、漫画原作の作品で演じることが多いのですが、2時間の映画の中で完結させる上で原作と台本が少しずつ変わるので、キャラクターも映画の中で成り立つ人物として変わってきますし、僕の中でその違いがゴチャゴチャしてしまったときがあったんです。そういう時、今までは頭の中で整理することが多かったんですけど、今回からはゴチャゴチャしてしまった部分をクリアにしたり、原作から取り入れられる部分を整理するためにノートに書き出すようになりました。それからはずっとノートに書き出して整理しています。
―今回は札幌で長期間の撮影を行ったとうかがいました。札幌ではどのように過ごしましたか?
黒島さん、小瀧くん、川栄さん、僕、4人とも人見知りだったので、仲良くなるのに時間がかかってしまったのですが、カードゲームをしたり、マネージャーさんも一緒にみんなでご飯を食べに行ったりしました。僕と黒島さんと小瀧くんは同学年で、川栄さんも年が近いので、本当に学校みたいでした。こういうところで僕は学生のときに経験できなかったことを取り返しています(笑)。
―皆さんと仲良くなったきっかけというのは?
黒島さんと川栄さんは元々お仕事をご一緒されているので仲が良かったんです。だから僕ら男子が個々に悩んでいたんですけど、僕と小瀧くんは同じシーンもあるのでちょっとずつ仲良くなって、それから女子チームとどうやって仲良くなっていくかという話になり、小瀧くんが動いてくれました。僕は今までどおりついていくだけだったというか、僕が女子チームと仲良くなれたのは小瀧くんのおかげです(笑)。

関連するキーワード

iLIP_Staff

iLIPスタッフです。
俳優、アーティスト、アスリート、舞台、アイドル、アニメ…等など、今注目の「イケメン」に関するニュースやインタビュー、コラムをお届け!

登場いただく方が内に秘めてる「想い」や「情熱」、イメージとは違う「ギャップ」などそれぞれのフィールドで活躍される皆さんの魅力を様々な切り口でご紹介して、読者の皆様にお届けしていきます♡

▽ スタッフ紹介 ▽
・Sayu(30代)
推しメン:ユンホ(東方神起)、池松壮亮、荒木宏文、吉原シュート
ビール、深夜ラーメン、焼き鳥、イケメンをこよなく愛するこじらせ30代(独身)
座右の銘:リア充?何それおいしいの?

・MiSoTaSo(20代)
推しメン:福士蒼汰、瀬戸利樹
休日はエステやマッサージに行って癒されてます♪

ピックアップ

アクセスランキング