宅間孝行主宰「タクフェス 春のコメディ祭!」シリーズの第2弾となる舞台「笑う巨塔」。入院患者に見舞い客、医者や看護師など様々な人を巻き込んで大混乱する病院が“白い巨塔”ならぬ“笑う巨塔”と化していく様を描いた抱腹絶倒のシチュエーションコメディだ。2003年の東京セレソンデラックスで上演された「HUNGRY」を2012年に「笑う巨塔」として再演し、6年の時を経て今回3度目の上演となる。

キャストには、25年ぶりの舞台出演となる片岡鶴太郎、本格コメディに挑戦する篠田麻里子、「仮面ライダーエグゼイド」で人気を博した松本享恭、女優として活躍めざましい鳥居みゆきらが集結。そして、実力派俳優の石井愃一、梅垣義明、かとうかず子らが脇を固める。

今回は、山之内代議士秘書・山之内蓮太郎役の松本享恭にインタビュー。作品のおもしろさや本作への意気込み、今後の展望まで語ってもらった。
―「笑う巨塔」は今回で3度目の上演となる歴史ある作品です。今のお気持ちをお聞かせください。
参加できることが嬉しいです。タクフェスの作品は「ひみつ」を観劇して、過去の4作品くらいをDVDで拝見したのですが、宅間さんをはじめ、出演者の方がみんな魅力的で、本当におもしろいなと思いました。
「ひみつ」を観劇したときにはチームの人間関係の良さも感じたので、稽古がとても楽しみです。
―宅間さんや共演者の皆さんとお会いしていかがでしたか?
稽古が楽しみになりました。宅間さんからは稽古場の雰囲気についてもお聞きできましたし、みんなで米を炊いて食べたり、人狼ゲームをしたりもしているようなので、より楽しみになりました。
―具体的にはどのようなことが楽しみですか?
宅間さんは熱い方で、お芝居に対しても、お客さんを楽しませるということに関してもすごく考えていらっしゃるんです。そんな宅間さんと稽古で作品を作っていく過程も楽しみですし、今までこんなに多くの先輩方とご一緒する機会がなかったので、コミュニケーションも未知数で楽しみです。
―ダンスについてはいかがですか?
ダンス経験はないので不安なんですけど、ダンスなども含めて全部楽しみです。
―コメディは初挑戦かと思いますが、準備されていることなどはありますか?
笑わせる方も笑う方も、すごくエネルギーがいるだろうなということは感じていて、間の取り方などテクニック的なものもあるとは思うんですけど、やっぱりお芝居は全力のエネルギーが一番大事だと思うので、コメディだから「こうやってやろう」ということは今のところ考えていません。今回の役も、真面目だからおもしろい、というところがあると思うので、今はひたすら全力で、その状況にいることが大事かなと思っています。
でも、今までそんなにお笑いに触れてこなかったので、普通の会話でちょっと笑いが起きたときなどに、今何がおもしろかったのかなって考えたりするようになりました。
―「笑う巨塔」の魅力やおもしろさはどんなところにあると思いますか?
やっぱり“かみ合わなさ”です。僕の役は真面目でまっすぐなキャラクターだと自分では捉えているんですけど、真面目でまっすぐだからこそ、それが掛け違ったときのズレやバカバカしさが笑えると思いますし、そういうことが色々な場面で起こるところがおもしろいです。
―今回、松本さんが演じる山之内蓮太郎について改めて教えてください。
代議士の息子で父親の秘書をしているのですが、父親の入院を隠そうとする役なんです。だからそこで必死に隠そうとする姿やドタバタ具合が笑いにつながるのかなって思っています。後半は宅間さんとも絡みがたくさんあるので、けっこうプレッシャーがあります。
―役に対して、ご自身と似ている部分や共感できる部分などはありますか?
真面目というか、物事にまっすぐ向き合うという根本的な性格は似ていると思います。
―役者としてこだわっていることなどはありますか?
瞬発力など身につけたいものはたくさんあるんですけど、役に対して誠意を込めてやっていきたいと思います。

関連するキーワード

iLIP_Staff

iLIPスタッフです。
俳優、アーティスト、アスリート、舞台、アイドル、アニメ…等など、今注目の「イケメン」に関するニュースやインタビュー、コラムをお届け!

登場いただく方が内に秘めてる「想い」や「情熱」、イメージとは違う「ギャップ」などそれぞれのフィールドで活躍される皆さんの魅力を様々な切り口でご紹介して、読者の皆様にお届けしていきます♡

▽ スタッフ紹介 ▽
・Sayu(30代)
推しメン:ユンホ(東方神起)、池松壮亮、荒木宏文、吉原シュート
ビール、深夜ラーメン、焼き鳥、イケメンをこよなく愛するこじらせ30代(独身)
座右の銘:リア充?何それおいしいの?

・MiSoTaSo(20代)
推しメン:福士蒼汰、瀬戸利樹
休日はエステやマッサージに行って癒されてます♪

ピックアップ

アクセスランキング