人気コミックを実写化し、大ヒットを記録した青春映画『ちはやふる -上の句-・-下の句-』から2年を経て公開される続編『ちはやふる -結び-』。競技かるたに打ち込む千早たちも高校3年生に。高校最後の大会に向けて動き出した千早、太一、新田を演じたのは、もちろん広瀬すず、野村周平、新田真剣佑の3人。

本シリーズで「仲間を得た」と声をそろえる3人に、本作の魅力から、それぞれが影響を受けた人まで、話を聞いた。

左から:野村周平、広瀬すず、新田真剣佑

『ちはやふる』の仲間は、とても心強い存在

――「下の句」の公開初日に続編が発表されたときには、広瀬さんが嬉しくて泣き崩れるなど、出演者のみなさんが、本当に喜んでいました姿が印象的でした。3人が、『ちはやふる』というシリーズを通じて得たものは?
広瀬:役以外のところ、それこそ普通に相談ごとができるような人たちに出会えました。そういう人たちって自分の支えになる。その存在はすごく心強いなと思っていて。この作品以前はなかったとかじゃないんですけど、当時は東京に出てきて、お仕事をはじめてからそんなに経っていなかったこともあって、すごく心強いものができました。

野村:やっぱり仲間、じゃないですかね? みんな普通に、好きなことを言い合える仲間たちというか。バカなことをやっても許されるし、お互いに分かってあげられる人を見つけられたたかなって。キャストだけじゃなくスタッフの方も含めて、そういう仲間かなと思います。

新田:僕は日本に来たときから、ずっとみんなと一緒にいるので。ちょうど4年。だから兄弟みたいな感じで。本当にみんなと共に成長できて嬉しかったですし、すずに関しては4作品一緒にやってます。なんか、一緒にいすぎ?

広瀬:あはは。

野村:俺とは全然ないの。NG出してるでしょ(笑)?

広瀬:あははは。

新田:僕は『ちはやふる』が自分の俳優としてのスタートラインだと思っています。

かるたの歌は、誰かのことを重ね合わせられる

――みなさんが考える競技かるたの魅力を教えてください。
広瀬:この人たちのために頑張ろうとか、この人たちがいるから頑張ろうとか思える存在に、自分たちは役を超えて実際になれていたと思います。それから、歌の札の意味に共感したり。自分と重ね合わせられるものがいっぱいあると思います。奏ちゃん(上白石萌音)のセリフを聞いていても、歌の話をしているんだけど、でもこれって誰のことを重ねて言っているのかなと考えたり。それってこの映画のなかにいる人たちだけじゃなくて、映画を観る人たちでも、それぞれに思ってもらえる部分だと思います。あとは、畳の上の格闘技とも言われるので、単純に試合とか、おもしろいです。

野村:僕は最初はそこまでかるたを楽しいと感じられなかったんですが、今回、ちょっと楽しいかもって思ったんです。現実にいるかはわかりませんが、周防さん(賀来賢人)みたいに、最強な人もいるのなら楽しいかもなって。しかもちょっと意地悪なかるたをするんですよね。俺、そういうの大好きで(笑)。相手を苦しめて、あえて相手に取らせて窮地に追い込んでいくみたいな。割とひとりで集中してやるところに魅力を感じたというか。今回、大人なかるたを感じましたね。

新田:僕は個人的に、かるたの魅力に惹かれて競技かるたのことも好きになったので、魅力はたくさんあるんですけど。『上の句』『下の句』のときは、個人戦でやっていて、今回『結び』では団体戦で戦うというのが、新にとっての新しい挑戦だったので、それが楽しかったし、嬉しかったです。

合同練習での新田真剣佑はスパルタ?

――続編に入るときも、かるたの合同練習をしてからクランクインされたとか。
野村:順番でローテーションして試合をしていくんですけど、「やばい、次、マッケンだ!」って思ったことしか覚えてないです(笑)。最強とやらなきゃいけない!っていう。マッケン強すぎるんですよ。あのときは、札を4枚とか置いてやったよね。
新田:1字決まりとか、2字決まりとか。
野村:あとは、新メンバーがかるたやってるところを見て、「あ、やってるな」って思ったり。でももう事前に特訓をやってたみたいで、新メンバーも形は出来ていましたね。
広瀬:もう良くできてたよね。

広瀬:あはは。
野村:みんなでやるってこんな感じだったっていうのを、合同練習で思い出しましたね。
――やっぱりひとりで練習しているのとは、全然感覚が違いますか?
野村:ひとりでフローリングを叩いているときの空しさを知らないでしょ(笑)。

広瀬:私、知ってる!

野村:畳もなく、ひとりでフローリングでやっている空しさ。無くなったかるたを探している瞬間とかね。家でやると1時間くらいしか続かない。

広瀬:1時間、続くんだ。最低(笑)。

野村:音声が出るアプリとかでやってたよ。

広瀬:私も映画の合間とかにひとりでやってたので、休憩も全然息抜きにならなかったです。あとは、今回は詩暢ちゃん(松岡茉優)の静かなかるたを意識しないといけなかったので、フォームも変えて練習して。合同練習に入ったら、やっぱり気持ちも全然違うし、「始まるな」って思いました。

新田:僕は新メンバーの仕上がり具合に驚きました。2年前の自分を見ているような。藤岡東のメンバーが、常に札を持ち歩いていて。見ていて嬉しかったです。
――野村さんは新田さんと当たるのが嫌だと言っていましたが。
野村:だって、俺の前に来てニヤニヤしてるんですよ。潰してやるぞ!くらいのオーラ出して。俺としては、1枚取れたらいいかなと思ってました。
――新田さんは、全員をつぶすぞくらいの勢いだったんですか?
新田:僕としては、目標を作ってあげたほうがいいかと思ってました。
広瀬:あはは。
新田:周平もそうだし、藤岡東のメンバーも、みんなA級という設定なので、今のままじゃだめだよと。

3人が役者として影響を受けた人って?

――『結び』では、いろんな人がいろんな人から影響を受ける様も描かれます。それぞれに、ご自身が影響を受けた人は?

関連するキーワード

iLIP_Staff

iLIPスタッフです。
俳優、アーティスト、アスリート、舞台、アイドル、アニメ…等など、今注目の「イケメン」に関するニュースやインタビュー、コラムをお届け!

登場いただく方が内に秘めてる「想い」や「情熱」、イメージとは違う「ギャップ」などそれぞれのフィールドで活躍される皆さんの魅力を様々な切り口でご紹介して、読者の皆様にお届けしていきます♡

▽ スタッフ紹介 ▽
・Sayu(30代)
推しメン:ユンホ(東方神起)、池松壮亮、荒木宏文、吉原シュート
ビール、深夜ラーメン、焼き鳥、イケメンをこよなく愛するこじらせ30代(独身)
座右の銘:リア充?何それおいしいの?

・MiSoTaSo(20代)
推しメン:福士蒼汰、瀬戸利樹
休日はエステやマッサージに行って癒されてます♪

ピックアップ

アクセスランキング